FC2ブログ

アクノス研究所

「広がれ魔物娘の輪!」に参加中! 広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!
ふたば悪堕ちスレファンサイト 女性が悪堕ち、人外化するのが大好きな人のブログ。18禁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

表情を見て楽しめればそれでいい ②

最近、過去作品を読んで拍手してくださる方がいるようです。
【公園内ではペットの~】や【堕ちたのはどっち?】など、
読んでくださっているのだなーと痛感しました。

本当にありがとうございます!

更新が遅いですが、これからもアクノス研究所をよろしくおねがいします。


さて……

お待たせしました。第2話!

このお話は、ここからが本気です

コレを見れば、所長の変態度がわかるはず。

…それでは、お話をどうぞ!!


バイザーの下からあらわれた葵の顔は、
紫の口紅とアイシャドーで彩られた、ケバケバしいまでの化粧をしていた。
でも、私達が驚いたのはそんな事じゃない。

葵の表情だ。

ちょっとやりすぎた(所長談

葵は恍惚の表情をしており、ゆるんだ口元からだらしなく舌を垂らしていた。
普段の清楚で理知的な葵とは思えない蕩けた女の顔。

普通じゃない。

「…うふふ、ふたりとも何て顔してるんですか?ふふふふ、あははははは!!!
 アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ…………!!!!」

恐怖で引き攣る私達の顔が酷く可笑しく思えたのか、葵は狂ったように笑い続けた。

ガチャリ

葵の笑い声が響くこの部屋に、あの男とメイドのふたりが入ってきた。
男は葵を見ると、下卑たニヤケ笑いを口元に浮かべた。

「やぁ、葵ちゃん。気分はどうかな?」

「ハハハ、ウフフフ、ンフフフフ。ええ、とってもイイ気分ですよ♪」

「それは良かった。拘束を外してあげるから待ってなさい」

メイドが葵の拘束具を外す。
拘束を解かれた葵は大きく伸びをすると驚くべき行動にでた。

「ありがとうございます、御主人様♡」

まるで長年の恋人のように男に抱き付いたのだ。
しかも男を御主人様と崇め、男の唇に自らの唇を重ねると
舌を突き出し絡み合わせ、私達の目の前で濃厚なキスを交わしだした。
私も紫苑もあまりの事に言葉が出ず、只々ふたりを見つめるだけだった。

「ね、ね、御主人様。私、セックスしたくて堪らないの。
 今すぐ、ココでセックスしたいんですぅ」

「こらこら、友達の前なんだぞ?少しは我慢しなさい」

子供のように甘えた口調で、恥ずかしげもなく卑猥な言葉を口にする葵。
そんな葵を男はニヤケながらも困り顔で諭した。

「友達?…ああ、紫苑と桜の事ですか?もう友達でも何でもないですよ♪
 だって、ふたりはまだニンゲンノカラダなんですもの♪」

ニンゲンノカラダ?

「葵、貴女…何言って…」

怖い。葵が怖い。
葵の言っている事が怖い。

「ウフフフ、私ねぇ…御主人様に素敵な身体をもらったのよ♪」

ジィィィーーーーー……

葵がラバースーツのチャックをゆっくりと下ろしていく。
開いたファスナーの奥から、何とも言えない甘酸っぱい匂いが漂ってきた。

「ねぇ、素敵でしょう?私のカラダ♪
 とっても敏感でぇ、こうやって空気に触れてるだけで気持ちいいの♪」

私、脱いでもすごいんです♪

黒いラバースーツの下から現れたのは極彩色のラバースーツだった。
粘々と粘液の糸を引いて濡れ光っているラバースーツは、
スーツの下で乳首がピンと立っているのが見てわかる程に
葵の肌にぴっちりと吸い付いている。

「ヒッ!!」

いや、スーツと一体になって浮き上がっているのだ。
それを理解した時、私の喉から短い悲鳴が漏れた。

「イヤアアアアアアァァァァァァーーーーーーー!!!!!!!!」

紫苑もそれに気付いたのだろう。
耳が痛いほどの悲鳴をあげて泣き叫ぶ。

「ギャーギャー喚かないの。紫苑の声で空気が震えて…
 あふぅ♡それだけで感じちゃうじゃない♡」

身体は気持ちいいですけど、耳が痛いですね

「葵、そろそろ行こうか?」

「はぁ~い、マスター♡
 それじゃ、お先に失礼しますね、おふたりさん♪」

男とメイド、そして変わり果てた葵の三人が部屋を出て行く。

「アハ、アハハハハ…」

「紫苑?」

心が折れそうだ   評価12

「…私達もあんな化物にされちゃうんだ…アハハ、アハハハハハ!!!」

「紫苑しっかりして!!きっと助けが来るはずよ。だから諦めないで!!」

「アハハハハハハハハ、アハハハハハ、アハハハハハハハ!!!!」

紫苑は恐怖でおかしくなってしまったのだろう。
涙を流しながらも笑い続け、私が何を言っても笑うだけ…

「アハハハハハハハハハハハハハ……」




「…ヒヒ…アヘヘ……ンン♡」

煩いので黙らせました

紫苑がおかしくなってしまってすぐ、天井からあのバイザーが下りてきた。
葵と同じように嬉しそうな声を出し、流し込まれる白いお粥を舐め取っていく。

「ア~ン…ン…ン…アハ♡」

また笑い出した(汗)

「アハハ、アハハハ♡」

紫苑も葵のように変えられていく…
私は友人が化物になっていくのを、只々見続けるしかなかった…

カチャン

紫苑のバイザーが外れる。
私は紫苑の顔から目を逸らさずにはいられなかった。

そしてこの笑顔

「アハハ、すっごくイイ気分♪まるで生まれ変わったみたい♪
 さっきまで、どうしてあんなに怖がってたのかしら、馬鹿みたい。
 ねぇ、桜も早く側にこっちおいでよぉ。最高だよぉ♪」

紫苑の歓喜に満ちた声。
ああ…、紫苑も葵と同じになってしまった…
きっと、スーツの下も…


『どうやら紫苑も変化が終わったようだね』

スピーカーからあの男の声が響く。

「あぁん、そうですよ♪はやくこの拘束を解いてくださいませ♪」

『そうしてやりたいが、今は葵と楽しんでいる最中でね。
 すまないが助手もそちらに行けないようなので、自力で拘束を解いてくれないか?』

「アハッ、私もはやく御主人様と楽しみたいです♪」

紫苑はそう言うと、両腕に力を入れる。

ベキャッ!!

両腕の拘束具をいとも簡単に引き千切った。

「フフ、さっきまでいくら力を入れてもビクともしなかったのに…♪」

続いて首、両足の拘束具もまるで紙のように引き千切った紫苑は、
着ていたラバースーツを乱暴に脱ぎ捨てた。

「…あぁ~♡空気が肌に触れる感触がこんな気持ちイイなんて♡
このツヤツヤの身体…とっても綺麗…なんて素敵で美しい身体なのかしら…♡
それにこの甘酸っぱくていやらしい匂い♡私の匂い…♡ああ…最ッ高♡」

禍々しく変化した自らの身体を見つめながら、紫苑は歓喜に身体を震わせた。

こっそり胸を揉む

「はぁん♡ちょっと指で撫でただけでこんな…♡
 全身がオマンコになったみたいに気持ちイイじゃない♡
 んふふふ、本当に素晴らしい身体…♡
 ……思いっきり触ったらどうなるのかしら?♡♡♡」

紫苑はぶるり、と大きく震えると、自らの胸を強く揉みしだいた。

思い切り胸を揉む

「ーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!」

声にならない声をあげ、白目も剥き、脚をガクガクと震わせながら立ち尽くす紫苑。

「……ッ、フフフ、ウフフフフフフフフフ♡
 エヘッ、エヘヘヘッ、ヒヒヒヒヒヒヒヒヒ………!!!!」

狂ったように笑い出した紫苑は、更なる快楽を求めて夢中で身体を弄りだした。
理知的だった以前の彼女からは想像できない、下品でいやらしい姿を私に晒す。

よし!(なにが?

「紫苑…貴女まで化物に…」

私がそう言うと、快楽で淀んでいた紫苑の目つきが急に鋭くなった。

「なんだと?もう一度言ってみろ!!」

シャイニングフィンガー!!

紫苑の指が私の首を恐ろしい力で絞め上げる。

「…や、やめ…ぐぇぇ…」

息が…できない……意識が……死……

「紫苑、おやめなさい」

私の首を絞め上げる紫苑を静止したのは葵だった。

「貴女だって、少し前に私の身体を愚弄したでしょう?」

「…ごめん」

「ゲホゲホゲホ!!!」

「…桜さん。言葉は選んで使った方がいいですよ?
 あまりにも言葉が過ぎると、私も、つい…って事があるかもしれませんからね」

こっそり胸を揉む

激しく咳き込む私を冷たい瞳で見つめながら、葵はそう言った。
紫苑も葵も、私の知っている優しいふたりではない事を思い知らされた。



つづく
web拍手
別窓 | アクノス:所長の日常 | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<表情を見て楽しめればそれでいい ③ | アクノス研究所 | 表情を見て楽しめればそれでいい ①>>

この記事のコメント

変態は男のステータスだ!w

お初目に掛かります
これ以外も全部読みました。
というか、こっそりいつも見に来てますwww
これからも素晴らしい悪堕ちを世に放って下さい。


ガンバレ所長!!大好きだ!wwwwww
2009-11-19 Thu 15:28 | URL | 通行人A #-[ 内容変更]
おお~、スーツの下でこのような改造が行われていたとは…。
改造機能付きだなんてとても素晴らしいスーツですねw
そして改造された身体も素敵です♪
粘りつく粘液が淫靡な雰囲気を醸し出してますね。
さあ残るは桜ちゃんただ一人!
改造された三人の揃い踏みを楽しみにしてます♪
2009-11-19 Thu 20:18 | URL | Mizuha #FPjcWNrE[ 内容変更]
おお~お二人とも改造されて、
ステキな身体を手に入れられたそうですね!
後は残る・・・
3人幸せになれるよう早く改造してあげないと~!

すでに、スーツ内では、体の改造が始まっているんでしょうね!

ねばねばスーツにはあんな仕掛けがあったとは・・・
2009-11-19 Thu 23:50 | URL | たか(t) #89zBIK8s[ 内容変更]
読んでて超ドキドキドする~
早く続きが読みたいっす
ポリゴン絵もきゃわゆいです
2009-11-20 Fri 00:01 | URL | ゴームズ #-[ 内容変更]
>通行人A様
どうもはじめまして!
全部読んでくださってありがとうございます!
この度はコメントまでしてくださってありがとうございます。
これからも素晴らしい悪堕ちが出来るように、頑張らせて頂きます!

だ、大好きって言われても、
所長は動物と女性しか愛せないんだからね!!ww

>Mizuha様
テカテカ極彩ボディに粘液のエロさをかけあわせたまったくあたらしい(ry
スーツの下で知らず知らずのうちに
改造されているというのがやってみたくて、
こうなってしまいましたw
>改造された三人の揃い踏みを楽しみにしてます♪
楽しみにしていてくださいね!

>たか(t)様
改造後の姿を見せられている桜にとっては
すでに自分の身体も…と考えさせられると怖いですね。
早く彼女にもこの身体の素晴らしさをわからせてあげないと!!!
気持ち悪いスーツにはこんな秘密があったのですw

>ゴームズ様
はじめまして!
お話にドキドキしてくださってありがとうございます!!
続きを楽しみにしていてください!
この可愛らしいポリゴン絵こそ、3Dカスタム少女の良さですね~。
2009-11-20 Fri 23:27 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
時々とおりすがらしてもらってますw
おおう、テッカテカw
最後の一人むしろ改造終わってもしばらく堕ちないとかだったらおもしろいですねw
2009-11-23 Mon 01:16 | URL | とおりすがり #7yu2AX4I[ 内容変更]
>とおりすがり様
はじめまして。時々来てくださっているうえに
コメントまでありがとうございます。
このテッカテカが所長にはエロエロにみえるのですw
最後の一人は結構がんばるのがセオリーですね。
さて、彼女はどうでしょうか…
2009-11-23 Mon 23:55 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アクノス研究所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。