FC2ブログ

アクノス研究所

「広がれ魔物娘の輪!」に参加中! 広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!
ふたば悪堕ちスレファンサイト 女性が悪堕ち、人外化するのが大好きな人のブログ。18禁

特別編 ライブエンジェル 対 ブライズ・オブ・レッド 番外編

今回の作品は堕ち玩さまのところに乗っかりました。
詳しくはトェェイまんがまつり補足 痛い科学で守りますをご覧ください。

今回、キャラクターをお貸しくださった赤い陵辱者さまと冥さま、
お話の続きを許可してくださったわぶき様には感謝の言葉もありません。

それでは「ライブエンジェル 対 ブライズ・オブ・レッド 番外編」をお楽しみください。




「菫……すまねえ……ありがと……
 その……アタシ……アタシもな……」

「ううん、謝らないで、フィリス……。
 それより、ハッキリ言ってくれないと……分からないわ」

「アタシも……菫のこと……な……」

もうすぐレイン様登場

「ん……」

がびょ~ん!




「ふ~ん、その娘に好きな人取られちゃったんだ…?」

えーん

「……」

「でもさ、まだ勝機はあるんじゃない?」

「?」

まじで!?

「だって、貴女は…」

「吸血鬼なんでしょう?」
彼女の名前は、冥。

そ~…

よく分からないが吸血鬼の末裔らしい。

生まれてこの方、血を吸った事もなく
普通の人間と同じように生きてきた。

三度の飯よりおっぱい好きな彼女は
周囲の人間からも好かれる存在のようである。

そんな彼女が思いを寄せる女性がいた。

その女性の名は…

フィリス・エイゼル



「あん?誕生日パーティー?お前の?」

フィリスがモテモテ過ぎて悔しい

コクコク



「い~い、冥さん?
吸血鬼って言うのは、
血を吸った相手を従順なシモベにする事が出来るらしいの」

それを聞いて冥の顔が険しくなる。
いくら何でもそこまでは望んでいないからだ。

「ふふ、怒らないの。問題は血を吸う量なんだから♪
ちょこっと吸うだけなら、そんな事にはならないみたいなんだから」

友人が冥の耳元で囁く。

「ちょこっと、ほんのちょこっとだけ吸って、貴女の気持ちを伝えるの…
そうすれば…ふふふ、キスくらいはして貰えるかも、ね?」

フィリスとのキス。

チューチュー

ソレを想像した冥の顔が真っ赤になった。

先程とは違い、冥は俄然やる気になった。

「まずは、その子をお家に誘わなきゃね♡ そしたら…」



冥は友人に言われた通り、偽のパーティーを開催してフィリスを誘う事にしたのだ。

「ま、暇だし行ってもいいぜ?」

パーッ、と冥の表情が明るくなる。

「お、そうだ!
菫…、お壌達も呼んでいいだろ?
人数多い方がパーティも盛り上がるだろうしさ♪」

「!?」

「んじゃ、お壌達にも伝えてくるぜ!
また、夜になっ!!」

ぐぬぬ…

何故、恋敵まで呼んでしまうのか。
冥は顔を真っ赤にして震えた。



ドオォォォォォン!! 異議あり!!

「遅いですわよ、フィリス!
それに何ですの、その格好は?
折角の御友人の誕生日パーティーだと言うのに
私服で来るなんてデリカシーが無さ過ぎますわ!」

「わ、わりぃ…」

ビシッと服装を指摘されたフィリスは、バツが悪そうに顔をしかめた。

「…まぁ、予想はされていたようですけどね。
御友人の冥さんが、しっかりとドレスを用意してくださったそうですわ」

「お、おお…、すまねぇ…」

「それじゃ、私達は先に会場で待ってますから、すぐに着替えて来なさいよ?」




フィリス、結婚してくれ!!

「な、なあ…。これで皆の前に出なきゃ駄目なのか?」

渋々着替えたフィリスだったが、鏡に映った自分の姿を見るや顔を真っ赤にして
袖を通したばかりの可愛らしいドレスを脱ごうとした。

その時だった。

ちくり

首筋に鋭い痛み

「えっ?」

見ると己の首筋に冥が顔を埋めている。

「お、おい…。なにやって…」

ちゅっ ちゅっ

振り解こうと腕を振るが、がっちりと恐ろしい程の力で掴まれた腕は
固定されたかのように、まったく動かすことができない。
さらに力を入れてみるが、やはり動かすことはできなかった。

「暴れないで…、力の加減が難しいの…」

冥が耳元で囁く。
その声は普段の彼女からは想像できないほど、暗く冷たい声だった。

「…私ね、貴女の事が…、フィリスの事が好きなの。愛してるの」

冥は更に囁く。

「だからフィリスも私の事、愛して欲しいの」

フィリスは途端に怖くなった。
圧倒的な力の差よりも、異常な程の冥の変わりように身の危険を感じたのだ。

「おい、やめろ!!いきなり訳わかんねぇーよ!!どうしちまったんだよ、お前!!」

ブンブンと身体を振って暴れるフィリス。
その様子を不気味なほど静かに見つめる冥。

「…まだ、吸う量が足りないみたいね?」

「やめろ!!なあ、やめろって!!」

フィリスの声は、もう冥には届かなかった。



じゅるり じゅるり

生まれて初めて啜る血に酔ったのか?
それとも、ソレが愛しき人の生き血だからだろうか?

冥はフィリスの熱い鮮血を啜る行為に夢中になっていた。

「…ふぇ……ふぁぁ……あああ……ひもふぃ……おぉぉ……」

多量の血を吸い続けられたフィリスに、もはや意識はないのだろう。
虚空を見つめながら、時折喘ぎ声のような意味不明の言葉をあげていた。

ちゅうちゅうフィーバー

じゅるり じゅるり と、フィリスの熱い血を啜りる度に

トクン トクン と、彼女の鼓動は小さくなっていく。

ごくり ごくり と、冥が喉を鳴らす度に

愛しき彼女は冷たくなっていく。

冥はフィリスの首筋に牙を埋めたまま、横目でチラリとフィリスを見た。
血の気を失ったフィリスの青白い顔がとても可愛らしく美しい。

「…フフ、フフフフ」

自然と笑いが込み上げてきた。
その声は自分でも驚くほど邪悪な声だった。

「フフフ、ンフフフフフフフフ!!!!」

そんな自分の声が酷く可笑しくて、冥は再び笑い出した。


冷たくなっていくのは彼女の身体だけではなかった…

己の身体に流れる血

ソレすらも冷たいモノへと変わっていく。

やがて

愛しき彼女の鼓動が止まり

再び 弱く動き出すまで

冥の熱く冷たい抱擁は続いた







「うふふ、良く似合ってるわよ。フィリス」

「あぁ…、ありがとうございます。ご主人様」

魔人になったり吸血鬼になったり忙しい娘

血の気の引いた青白い肌を真紅のドレスで包んだフィリスは
口元に鋭い二本の牙を覗かせながら、ニィと妖しく笑った。

「ご主人様とは、また随分他人行儀な呼び方ね?
私の事は、冥、と呼び捨てで構わないわよ」

「も、申し訳ございません。で、ですが、主を呼び捨てなど…」

「フィリス」

煮え切らないフィリスに対し、冥は少しだけ強く名前を呼んだ。
ビクッ、とまるで子猫のように怯えるフィリス。

「わ、わかり、ました。メ、メイ…」

「それでいいわ、フィリス」



ぐぎゅるる~ぅ…


突然、二人きりの部屋に怪音が響く。
音の正体はフィリスのお腹。

「あっ、あっ、申し訳ございません!!
あの、その、アタシ、お腹が減ってしまって…」

そんなフィリスを見て、冥はクスッと微笑む。

愛<<<食欲

「フフフ、それなら貴女の為に素敵な御馳走を用意しておいたわ」

「本当ですか!?」

トン トン

誰かが扉をノックした。

「冥さん、フィリス、随分と遅いですけど、どうかなさいまして?」

扉から入って来たのは菫だった。
二人があまりにも遅いので心配になり、様子を見に来たようだ。

「あら、御馳走が向こうからやって来たみたい。
フィリス、あの娘の首を捻じ切ってから血を啜りなさい」

「はぁい♪」

フィリスは一瞬の躊躇もなく菫の首を捻じ切る。

噴水のように噴き出した菫の血を浴びながら、フィリスは旨そうに喉を鳴らした。

「…ああ、そうだ…」

菫の頭部があった場所に顔を埋めながら
フィリスは何かを思い出したように呟くと、くるりと踵を返して冥の下に向かった。

「渡したい物があったのを忘れていました」

血塗れの手で、先程まで着ていた自分の服をごそごそ漁る。

「…これ、誕生日プレゼントです。くだらないモノですが…」

それは、一枚の写真だった。

(本当にコレで良かったの?)

誰かが言った気がした。


冥の頬をツゥ、と熱いモノが流れる。

はい、バター

血に塗れた写真に写っていたものは…
もう二度と見る事は出来ないであろう、屈託のない笑顔で微笑む冥とフィリスだった。







時間が飛んだ!?




…夢?

きょろきょろと辺りを見回すと、いつもの教室。

「コラ、話の途中で寝てたでしょ?」

友人が笑顔で怒っているのが目に入る。

突然、バッ、と席を立ち上がると駆け足で教室を飛び出す冥。

「あっ、冥さんどこへ!?」

デジャブ

「あん?釣りだぁ?これから?」

コクコク

「ま、暇だし行ってもいいぜ?」

パーッ、と冥の表情が明るくなる。

「ん、お嬢も誘えって?なんでアタシが…
わーったよ、誘えばいいんだろ?ったく…」

吸血鬼の力なんかに頼らずに、フィリスを勝ち取ってみせる。
冥はそれでいいと思った。

はい、チーズ!

(本当にコレで良かったの?)

誰かが言った気がした。
だけど涙は流れなかった。
web拍手
別窓 | 堕ち話 | コメント:11 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<当社の商品案内でございます 【シェイプシフター】と【ドッペルゲンガー】 | アクノス研究所 | 【心が折れそうだ】>>

この記事のコメント

これは良い吸血…と思いきや夢オチ!? ∑(・ω・ノ)ノ
さすが所長様、意表を突くのが上手いですねw
確かにフィリスさんのような人の心を本当に手に入れたいと思うなら、
吸血などせずに正々堂々と正面から挑んだ方がいいかもしれませんね。

でも冥さん(ヒロインの方)…本当にコレで良かったの?(オイ
2009-10-16 Fri 21:03 | URL | Mizuha #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-10-16 Fri 21:22 | | #[ 内容変更]
冥ちゃーん!!

正気(笑)の冥ちゃんさんが全然喋らないのは正にイメージ通りですね。
それにしても、なんて爽やかな結末!
バールぶつけられて鼻血噴いたお嬢もきっと夢だったんだ!
GJ & お疲れ様でした!
2009-10-17 Sat 00:42 | URL | わぶき #-[ 内容変更]
これはいい話だ。
悪堕ちもいいけど、こういう話もいいですねー。
楽しませていただきました。
ありがとうございました。
2009-10-17 Sat 01:03 | URL | 舞方雅人 #zh5v9u1Q[ 内容変更]
>Mizuha様
冥さんは某スレでも寝ている事がありますからねw
フィリス本人は冥さんを友達というよりは
「知り合い」としか思っていないらしいですが…
このお話の最後で「友達」くらいにはなったらいいなーと思ったり…

>管理人のみ閲覧できます
色々と拙い文章ですが、楽しんで頂けたのなら幸いです。
応援ありがとうございます!!

>わぶき様
某スレだと喋ってる感じがしないですね(笑)
台風の日に機銃もって部屋の隅で蹲っているような子ですし、
悲惨な終わり方はさせたくないですし
何よりも冥さんとフィリスを取り返しのつかない状態にしてしまっては大変ですから(笑)
わぶき様の所でフィリスと菫がくっついた影響で某スレでは、ずいぶんと冥さんが荒れてましたしw(死ね雌狐!!)

>舞方雅人さま
夢堕ちなうえに堕ちないという話ですが、楽しんで頂けて嬉しいです。
これもひとえに、冥さんとフィリスを貸してくださった「としあき」達のおかげなのです。
2009-10-17 Sat 02:22 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
冥姉さんの健気さに俺が泣いた…
夢オチで本当に良かったよ、堕として結局誰も得をしなかったなんて悲し過ぎます

くそー、皆してフィリスの人間関係にがんがんフラグ立てまくりやがって!
…良いぞもっとやれ!
2009-10-18 Sun 00:16 | URL | 赤い陵辱者 #-[ 内容変更]
>よく分からないが吸血鬼の末裔らしい。
に笑ってしまいました。いやそんな、よく分からないってΣ
>血の気の引いた青白い肌を真紅のドレスで包んだフィリス
いいですねぇ、これ。男勝りだったのが一変、女らしくなって、素晴らしい……(ジュルリ)。
ようし、決めた。オレこの戦いが終わったら吸血鬼になってフィリスたんをシモベに変えてやるんだ。吸血王にオレはなるッ!
2009-10-18 Sun 03:14 | URL | ながこ #-[ 内容変更]
>赤い陵辱者さま
貴方のフィリスが魅力的過ぎるからいけないのです!
今回、フィリスを貸して下さって本当にありがとうございます。
きっと冥さんもどこかで喜んでいるはず…

>ながこ様
ええ、本当によくわからないのですw
冥さんの生みの親に聞いてみても、説明がアバウトすぎましたしw

悪冥さんが涙を流した理由ですが、
自由奔放で何者にも媚びず、
友達の為なら自らが危険な目にあっても構わない、
そんなフィリスが、シモベになったら主人(冥)の顔色を気にするような女性になってしまい、
友達の菫を躊躇なく殺害してしまうような
自分の憧れていた存在とかけ離れてしまった事に対する後悔涙だったのかもしれません。

それと、ながこ様。
文面から死亡フラグがビンビン伝わってきます。
どうか、無茶だけはやめてくださいね(笑)
2009-10-18 Sun 03:52 | URL | 所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
後を引く優しい展開が良いですね。
戦闘の狭間の一休みのようで素敵でした。
2009-10-20 Tue 22:05 | URL | 神代☆焔 #-[ 内容変更]
読んでいて夢オチでよかったと思う良作でした!
しかし冥ちゃん本当にかわいいなあ。
こういう子あんまりいないから結構魅かれまする
2009-10-21 Wed 23:52 | URL | 匿名者 #-[ 内容変更]
>神代☆焔さま
やさしい展開になったのも、ひとえに某スレでの冥さんの人柄によるものでしょうか?
このようなお話でも、お気に召してくだされば幸いです。

匿名者さま
冥さんは本当に良い子なんです。
でも、悪い友人に騙されてしまう…そんな子なんです。
今回は思いとどまりましたがw

関係ない話ですが、頂き物の作品【その女、凶暴につき】 の「5」の画像に冥さんが
堕ち話の【募金する時はよく調べてから募金しよう ②】のライブエンジェルのアヘ顔シーンに、冥さんと友人のS子が特別出演していたりします。
2009-10-22 Thu 04:43 | URL | 所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アクノス研究所 |