FC2ブログ

アクノス研究所

「広がれ魔物娘の輪!」に参加中! 広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!
ふたば悪堕ちスレファンサイト 女性が悪堕ち、人外化するのが大好きな人のブログ。18禁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

『蜘蛛女・アラクネ』の保管でございます

「ヒッ!!何をするつもりなの!?」

突然さらわれ訳も分からないうちに、
今度は首筋に注射器の先端を当たられた少女の顔は恐怖一色に染まっていた。

「グレムリン2って映画知ってるッスか?
あの映画で悪いグレムリン達が色んな薬品を飲んだりして
様々な姿に変身して悪さをするんスけど、
その中の一匹が蜘蛛のマークが描かれたフラスコの液体を飲んでるんスよ」

そんな少女の事などお構いなしに、女研究員は語りだす。

「この薬はソレと同じモノだと思ってくれて結構ッスよ?」

ぷすっ!

「痛っ、いやあぁー!!」

せめて打つッスよとか言ってよ!

「いったい、何を…」

ドックン

「あ…うぅ…!?」

ドックン

「身体が…あ、あつい!!」

メリメリメリ

「えっ…?」

少女は下半身に違和感を感じ視線をやると…

「キャアアアアア!!!!」

お尻バーン!!

「うるさいッスね!何でそんなに驚くッスか?」

驚かない方がおかしい。
少女の下半身は見る見るうちに黒い毛で覆われ、
人のモノではない黒く長い足が次々に生えてゆく。

「なにこれ、なんなの!?何で私の足がこんな不気味な…」

と、言いかけた所で少女は言葉を呑んだ。
変化してゆく自分の下半身が何故かとても美しく思えたからだ。

メリ、メリメリメリ

「あ、ああ、ああああああああ!!!!!!!」

六本の足が生え揃った時、少女は歓喜の悲鳴をあげた。

眼鏡かけたままでも可愛いよ

「…うふふ♪へぇ~♡」

少女は異形の姿に変化した己の姿をまじまじと観察しながら、
御満悦と言わんばかりのうっとりとした表情を浮かべていた。

『気分はどうだい?No.A0120』

スピーカーから男の声が響く。

「…誰かしら?」

視線は自らの身体に張り付けたまま、少女が声の主に問う。

『おっと失礼。
私はキミをその姿に変えた者の上司で、この研究所の所長を勤める男だ。
ところで、さっきから熱心に見惚れているようだが…
その身体は気に入ってくれたかい?No.A0120…いや、【蜘蛛女・アラクネ】よ』

「ええ、とても素晴らしい身体を与えてくださり感謝しますわ。
新たなお名前までくださって光栄の至りです。
所長様には是非ともこの身体で恩返しがしたいものです、今すぐにでも…♡」

『いや、まだ仕事中なんでね。プライベートでなら喜んで相手をさせてもらうよ』

クネクネと妖しく腰をくねらせ、所長を誘うアラクネだったが、
所長はやんわりとその誘いを断った。

『さて…急な身体の変化でお腹が減っているんじゃないか?
キミさえ良ければだが、食事を別室に用意しておいたよ』

アラクネの背後のシャッターが轟音と共に開く。

「うふふ、丁度お腹が空いてましたの♡
食事…、それって所長様だったりします?♡」

『…いや、まだ仕事中なんでね。(汗)
そうそう、キミの為に新しい服を用意しておいたのを忘れていたよ。
良かったら着替えてくれたまえ』

「まあ、所長様からのプレゼントですの?ありがとうございます♡」

アラクネは監視カメラの向こうの所長に投げキッスをすると、
生えたばかりの六本の巨大な脚を器用に使って部屋を出て行った。




『という事で、アラクネの食事になってくれ』

彼の名前は阿部ヒロシ 巨根の持ち主である

「そんな~、初めては戦闘淫とかの人間タイプだって言ってたじゃないですか~」

『…わかった。丁度狼男が出来上がったようだし、その相手を』

「ぼく、前から蜘蛛型の女怪人に興味があったんだー」(棒読み)

「へぇ~、興味があったんだ♡願いが叶って良かったわね♡」

彼は特別な訓練を受けております

「う、うわあああああ!!!」

しつこいようですが、特別な訓練を受けております

「んふふ、見れば見るほど可愛らしい男の子じゃない♪
所長様、このような可愛らしい食事を与えてくださり感謝しますわ♡」

「うわ、わあああ!!離せ、離せったら!!」

突然、巨大な蜘蛛の足に抱え込まれた少年はパニックに陥っていた。
手足をバタつかせ、なんとかアラクネの抱擁から逃れようと必死にもがく。
その姿は蜘蛛に捉えられた餌そのもの。
それが余計にアラクネの加虐心を煽った。

「あはは、アンタ最高に面白いわ♡
アンタ、所長の部下みたいだし、普通に吸ってあげるつもりだったけど…
気が変わったわ!!」

アラクネは腹部の糸壷からシュルシュルと糸を吐き出すと
少年の身体にグルグルと巻きつけていった。

どーんと来い!(ガクガク

「さぁて、これで指一本動かせないわねぇ♪
うふふふふふふ…、これからアンタに毒を注入してあげる♡」

「毒!?嫌だ!!助けて!!!死にたくないよ!!!!」

「蜘蛛の毒と言っても色々あるのよ♡
身体を痺れさせるものから、身体をドロドロに溶かす怖~いものまで♪
でもね、私の持ってる毒はとっても気持ち良くなるだけ♡」

「ほ、本当…?」

「ええ、本当よ。だから安心して♡」

「…う、うん」

「うふふ、なぁに、コレ?
気持ち良くなれるって知ったら、途端にオチンチン大きくしてぇ♡
男って単純でいいわね♪」

アラクネの蜘蛛の腹にある搾精器官に少年のペニスが当たる。

「それじゃぁ、食べるわよ?」

「うあっ、ああ、あああああああああっ!!」

ぬるり、と温かな体内に少年の先端が飲み込まれると同時に
少年は愉悦の声をあげながら、アラクネの体内に精を注ぎ込んだ。

「うふふ、もう射精しちゃった?まだまだこれからなのよ?」

少年が吐き出す精を一滴も漏らさずに吸い上げながら、
腰を深く落としてペニスを根元まで飲み込むアラクネ。

少年はそれだけでこの世の天国を味わっていた。

「だって、これからもっと気持ち良くなっちゃう私の毒を注入してあげるんだから♪
所長様が言うには、私の毒が全身に回ると、射精止まらなくなっちゃうんだって♡」

「えっ?」

「つまり…、ぴゅっ、ぴゅって出したら終わっちゃう快感が…
どびゅびゅびゅびゅう~って、ず~っと続くらしいの♪
ねぇ、そうなったらアンタどうなちゃう?ねぇ、どうなっちゃうと思う?」

それを聞いて少年は青ざめた。
既に人知を超えた快感に飲み込まれているというのに
そんな毒を注入されればどうなってしまうのか、容易に想像がついたからだ。

「それじゃ、逝こっか?♡」

カプッ♡

「ウアアア、あああああ、があああああああああああ!!!!!!!!!!!!」

アラクネが少年の細い首筋に牙を突き立てる。
たちまち少年の全身に蜘蛛の毒がまわり、彼は狂ったように叫んだ。

白目を剥き涎を撒き散らしす少年の顔から、見る見る血の気が失せていく。

阿部くんには本当に酷い事をした。あとで飯でも奢ってやるか…

「あぁん、あっつぅい♡ んふふふふ…
こんないっぱい射精しちゃって…そんなにイイのぉ?
んふ、ふふふ……あははははははははははは………」

マグマのように体内に噴き上がる少年の精の熱さと味を愉しみながら、
アラクネはいつまでも笑い続けた。


おわり



あとがき

もっとアラクネの心の変化とかを書きたかったはずなのに…
気が付いたら少年をレイプする話に変わっていた。

何を言ってるのかわからねーと思うが
俺も何でこうなったのかわからなかった…

>敵味方性別関係無しに欲情させるフェロモンを常に分泌し、体毛を女戦闘員に変化させる能力を持たせて下されば、それだけで満足しちゃいますww


そう言えば似たような能力もった子がいたな…と思い出しましてw

無差別フェロモンチーム結成

発情鱗粉をばらまくこの子とは色んな意味で相性が悪そうですがw
蟲つながりという事で♡

>ぜひぜひ一体送って下さいませー。
>格好いいです。
>魅力的で1体いただきたい所

好評に付き急遽生産しました!

舞方様、お買い上げありがとうございます♡

いざ売却が決まると可愛らしく思えてくるもので、嫁がせるのが惜しいくらいです。
web拍手
別窓 | アクノス:商品紹介 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<【祝】 相互リンク報告でございます 【杯】 | アクノス研究所 | 久方ぶりの当社の商品案内でございます 【蜘蛛女・アラクネ】>>

この記事のコメント

昔の小説で、女子高生が発情すると、女郎蜘蛛の妖怪に変化するものを読んだ記憶があります。
指先から、粘着性の糸だけでなく、切断糸まで出し、口から毒針まで発射する妖怪でした。
 
やはり、蜘蛛は女性が似合いますよね。
2009-10-04 Sun 21:51 | URL | 神代☆焔 #-[ 内容変更]
>神代☆焔さま
>口から毒針
アニメのポケモンでアーボック(蛇)が毒針を口から吐き出すシーンに
「え、こうやって毒針使うものなの?」と違和感たっぷりでしたが
なるほど、口から毒針を出すのは不自然な事ではなかったんですねw

蜘蛛に限らず、狐や蛇なども女性が多いですねぇ~
つまり女性は妖怪… ブルブル…
2009-10-05 Mon 01:18 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
初体験がこんなエロエロ蜘蛛女だとー! このガキンチョめ、棒読みなんかして、一体なんの不満があるんだ!
……えー、それでですね、このエロエロ蜘蛛女さんを、私も一体欲しいなと。できれば右の金髪娘さんを……(ボソッ。
2009-10-05 Mon 02:34 | URL | ながこ #-[ 内容変更]
>少年をレイプする話
悪堕ちヒロインの活躍なので無問題です(`・ω・)b
いいぞもっとやr

>女性は妖怪
やっぱり男性よりも女性の方が妖しい魅力が出てますしね~。
「妖」と言う字自体「女」と言う字が入ってますしw
つまり…妖怪は女性である事が理想と言う事で(ぇー

>急遽生産しました
魅力的な蜘蛛怪人が増産されてるっ!∑(・ω・ )
個人的には左の和風蜘蛛娘さんが気になる所です。
改造前は巫女さんだったとか考えると…(*´ω`)イイ
2009-10-05 Mon 20:51 | URL | Mizuha #-[ 内容変更]
>ながこ様
最初は不満ばかりでしょうが、今はきっと大満足でしょうw

ただ、いきなりハードな初体験をしてしまった彼が、
今後普通の女性を相手に出来るのか、いささか不安ではあります。

ながこ様は右の金髪娘が好みですか… 〆(.. )
黒い猫の宅急便でお送りしますね!!

>Mizuha様
最近はカスタム少女で少年ばかり作っている私は、そろそろ人間として終わりに来ている気がします(笑)
>「妖」と言う字自体「女」と言う字が
この漢字作った人は偉い。女の全てがこの漢字に凝縮されている!!
>改造前は巫女さんだったとか考えると…(*´ω`)イイ
彼女がフリーになったら、それこそ妖怪として神社に巣食ってしまいそうですw
妖かし狩りの方々の的にされそうですが…
2009-10-06 Tue 00:36 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-10-07 Wed 00:58 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アクノス研究所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。