FC2ブログ

アクノス研究所

「広がれ魔物娘の輪!」に参加中! 広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!
ふたば悪堕ちスレファンサイト 女性が悪堕ち、人外化するのが大好きな人のブログ。18禁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

少し見ない間に人間は変わるもの

「どうやら、あの『Transfer』…、失礼、双葉さんは第壱機工研究所にいるようです。
 アレを整備する施設はソコくらいしかありませんから、まず間違いないでしょう」

俺達の戦いはこれからだ!みたいになった

「双葉ちゃんを乗せたトラックがソコに入るのを情報部が確認してるね。
 それと、キミ達の部下も捕らえられ、ソコへ搬送されたようだ」

「ワシ等を逃がす為に、皆捕まってしもうたのか…
 無事で居てくれればいいのじゃが…」

「あわよくば部下も助けられるんじゃないか?
 問題はどうやって侵入するか…まさか正面突破というわけにはいかないしなぁ…」

「あら、所長。その為のガーベラではなかったのですか?」

「えっ!?…あー…うん…」

-Safe第壱機工研究所-


緊急警報。緊急警報。

第1ゲートが攻撃を受けています。


侵入者達を迎え撃つ『Slaughter』の部隊をガーベラはあっさりと蹴散らしていく。

機銃で精密射撃するすごい性能

前回とは違い、完璧に整備され、更に改良された彼女にとって、
もはや『Slaughter』は敵ではなかった。

「…アッ…♡…フ…ゥン…♪」

戦場に似つかわしくない甘い喘ぎ声が銃声の合間に聞こえる。

声をあげているのは、甘い声など出す筈のない『Slaughter』達。
ガーベラの撃ち込んだ弾丸には、彼女を狂わせた魔因子の改良版が仕込んである。

今回唯一のエロシーン

「アア、コンナ素晴ラシイ、でーたガ存在シタナンテ…」

「音声ガ勝手ニ出テシマイマス」

「すばらしいだろう?それが気持ちイイという感覚だ。
 もっと気持ち良くなりたければ私の命令を聞きなさい」

床にへたり込み訳も分からず身体を弄る『Slaughter』達に
流暢だが冷たい口調でガーベラが命令する。

「モット上ガ存在スルト言ウノカ?」

「欲シイ。気持チイイガ欲シイ」

「ならば、私と共に戦え」

『Slaughter』達は未知の感覚に戸惑いながらも、その命令を拒む事が出来なかった。


ガーベラが正面で激戦を繰り広げる中、
サラマンダーとレイブンの二人は地下から施設に侵入していた。

華麗なるスルー

「うえぇ…バッチイ所だのぉ…コートが汚れてしまったわ…」

「…行くぞ」

コートにべったり付いたヘドロのような汚水に、レイブンは苦い顔をした。
一方のサラマンダーは身体に付いた汚れなど気にもせずに、さっさと先に進もうとする。

「ちょっと待つのじゃ、さらまんだー。ワシを置いて行くな!!」

慌てて追いかけるレイブンを余所に、サラマンダーはどんどん先へと進んでいたが、
その足がピタリと止まった。

「…なんじゃ?急に止まって…?」

「…ううっ…これは…」

サラマンダーは目の前に広がる光景に思わず顔を背けた。
そんなサラマンダーの横から顔を出すレイブンだったが、その顔は険しいものに変わった。

そこは巨大な廃棄物処理施設になっていた。
巨大なゴミの山がベルトコンベアで運ばれ、焼却炉に投げ込まれていた。
そのゴミの山には、人の形をしたモノがいくつもあった。
破損した『Slaughter』の廃棄…では無かった。
赤い液体を流し、生臭い臭気を放っている。人間の…それも女性の死体だ。
それらは皆一様に頭部が切り取られており、どのような人物かは判別は出来なかったが…

「…お、おお…うおおおおおおおお!!!!!」

突然レイブンが獣のような咆哮をあげ死体の山へ駆け寄ると
死体が纏っていた黒いコートを引き剥がした。

「お…おのれ、Safe…許さん…絶対に許さんぞ…」

ちょっとノイズいれたらホラーっぽくなった

その黒いコートはレイブンが部下に与えた物だった。
サラマンダーもソレを理解すると、自分の部下達もこの中にいるのだと察知した。

「…行こう、レイブン」

爆発しそうな感情を抑え、サラマンダーとレイブンはその場を離れた。


「…今の、浅谷くんはどう思う?」

サラマンダーのバイザーから送られる映像を見ながら、
所長は吐き気を抑えるために手で口を覆いながら言った。

「…既に量産出来る状態まで計画が進行している?
 ならば何故、一機だけ投入したの?」

所長の問い掛けが聞こえていないのか、
浅谷くんは映像を見つめながら独り言を呟いていた。

「浅谷くん?」

『所長!!これはどういう事だ、説明しろ!!』

突然のサラマンダーの怒号に所長達の視線がモニターに集まる。
映し出されている映像には、いくつものカプセルが並び、その中には…

実は6人姉妹だった!?

「これはどういう事だ?双葉ちゃんがいっぱい…」

「量産が可能とされていたとは、私の予想を遥かに超えていました。
 主だった技術者達の抜けたSafeに、
 あの計画が進められるとは思えませんでしたからね…」

「…って、こいつらの脳は誰のを使ってるんだ?
 電子頭脳じゃ『Slaughter』と変わらないだろう?」

「おそらく、あの『Transfer』達の脳は…先程の…」



「なんじゃと!?…これらの頭の中はワシ等の部下だと言うのか!?

「じゃあ、双葉は…妹は何処にいる!?」



「機械化したにも関わらず双葉さんの外見を維持している事に疑問はありました。
 外見の変化による脳へのストレス対策に、生身の姿を真似ているのかとも思いました。
 ですが、これは…『Transfer』が『虹浦 双葉』だと言う事をアピールする為と考えられます。
 そう考えると、単体での実戦投入も頷けます」

「…つまり、双葉ちゃんとサラマンダーの関係を知っているって事か?」

「…我が社の極一部しか知りえない彼女達の関係をSafeが知っているとは考えられません。
 内通者が情報を流したとしてもメリットがない…むしろデメリットの方が多すぎます…
 我が社に内通者が居る事を教えるようなものです」

「浅谷…、双葉ちゃんはSafeにスカウトされたって言ってたよな?
 双葉ちゃんのスカウト先、または大学での専攻、わかるか?」

「…えっと、スカウト先は不明ですが、専攻は生体機械学を……ッ!!!!!!!」

「…あー…やっべぇ……敵を見誤った…」



やっばーい!

「むむぅ…こやつら、突然動き出しおって…囲まれてしまったぞ…」

「…クッ、双葉…どこにいる?」



「必ず来てくれると信じてた」

「…ッ!!そんな…」

背後からの声に振り返ったサラマンダーは言葉を詰まらせた。

「久しぶり…姉さん」

やっぱ理系に行ったから!?

つづく




あとがき
色々と詰めが甘い…
表現が甘い… エロシーンが無い…
話も強引… 色々反省…

まあ、文章力ないのは持って生まれたサガなのか…
画像とか雰囲気で汲み取っていただけると幸いです…
web拍手
別窓 | アクノス:所長の日常 | コメント:9 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<人生思ったようにはいかない | アクノス研究所 | 広げた風呂敷は畳めるのか!?>>

この記事のコメント

助けようとした相手が実は敵だった…衝撃の展開ですね~。
果たしてお二人はこの窮地をどう脱するのか…続きが気になりますw

それにしても復活早々大活躍のガーベラさん。
元仲間を快楽洗脳…素敵な機能を付加されましたねw
2009-09-17 Thu 20:24 | URL | Mizuha #-[ 内容変更]
>Mizuha様
ふふふ、ガーベラにはまだ隠された機能がいくつもあるのですよ!!
まあ、月並みの能力ですが…w
2009-09-17 Thu 22:59 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
う~む……このままの展開では、立場的に正邪逆転したまま所長様の望む悪が正義になりますよね。
サラマンダーの性格上仕方ない展開なんでしょうね。
 
展開としては燃えるんですが……
2009-09-17 Thu 23:52 | URL | 神代☆焔 #-[ 内容変更]
おお~!!
まさかこう言う展開になるとは!!
レイブンの部下まで犠牲になっていたとは・・・
しかも、この裏で糸を引いているのは・・・
さて・・・この後どうやって闘うのか?
レイブンとサラマンダーに期待してます!!
2009-09-18 Fri 00:02 | URL | たか(t) #89zBIK8s[ 内容変更]
>神代☆焔さま
Safeからすれば悪の組織の構成員を正義側に引き込むという
(やり方に問題はありますが…)正義堕ちにもなりますし
一応Safeは悪の組織に対抗する勢力ですから…
ちょっと過激すぎる分、サラマンダーと比べてしまうと
悪いイメージがついてしまいますねぇ…
でも、レイブンの方が人間に対しては外道ですよ(笑)
(あまり悪の描写がないのが問題ですねぇ)

>たか(t)様
昔、PSのSTGで生体反応を頼りに助けにいったら
みんな脳味噌だけで生かされてたってゲームがありまして…
そこにQuaek4のネタを絡めたりと…
さて、この後のレイブンやサラマンダーはどうなってしまうのか!!
期待していてください。
2009-09-18 Fri 03:52 | URL | アクノス所長 #0MXaS1o.[ 内容変更]
あっら~!
なんとも鮮やかなプルシアン・ブルーの世界。
ここは深海?と思ったら、星の世界のようですね。(^^;
ダークな黒もよかったけど。
この色もなかなかに妖しいですな。^^
2009-09-18 Fri 07:22 | URL | 柏木 #D3iKJCD6[ 内容変更]
>柏木さま
秋なので涼しげな背景にしようと思いまして。
水面に映る満月といいますか…
もっと秋らしく紅葉でもと、思いましたがサイトに似合わなすぎて止めましたよw
2009-09-19 Sat 03:38 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
悪の組織同士(いやSafeは本来違うけど)の抗争ってのは良いですねえ。
そして、救うべき相手が敵になっていた!?という王道ストーリーを、絶妙に変形させている点に非常に惹かれます。
続編がめちゃくちゃ楽しみですぞ!
2009-09-19 Sat 22:32 | URL | わぶき #-[ 内容変更]
>わぶき様
次回のサラマンダーの活躍に期待してください!
何とか、期待に応えるモノが出来ればいいのですが…
2009-09-21 Mon 21:33 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アクノス研究所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。