FC2ブログ

アクノス研究所

「広がれ魔物娘の輪!」に参加中! 広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!
ふたば悪堕ちスレファンサイト 女性が悪堕ち、人外化するのが大好きな人のブログ。18禁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

広げた風呂敷は畳めるのか!?

「あぅぅ…んぁっ…んふぅ…はぁぁ!!」

甘く、せつない声が薄暗い部屋に響く。

「フフフ、本当に可愛らしい奴じゃ。さっきまではあんなに強がっていたのにのう?」

獲物となった女性の小麦色の肌に舌を這わせながら、淫猥な邪悪笑みを浮かべる。

「んっ、んぅっ……ふぁ、ぁんっ……」

ぴくん、ぴくんと身体をわななかせて喘ぐ女の反応を愉しみながら、
レイブンは二本の鋭い牙をギリギリと伸ばし…

カプッ♥

「ガアアッ!!!!!!!!!!!!!!」

牙を突き立てられた女は短く叫ぶと、身体をピーンと硬直させて絶頂した。

ちゅるちゅる、ちゅるちゅるちゅる♪

静まり返った部屋にレイブンの血を啜る音だけが響く。

ガチャリ、と突然部屋のドアが開いた。

「…おっと、失礼。ノックをするべきだったかな」

部屋に入ってきた所長はそう言ったものの、悪怯れた様子はない。

そんなに吸ったら太るぞ

「レディの部屋にノックもせずに入ってくる奴がおるか、莫迦者」

と、言ったレイブンだが、所長に見せ付けるように再び女の首に牙を突き立てた。

「食事が終わったらミーティングルームに来てくれ。サラマンダーの事で話がある」

それだけ言うと踵を返して部屋から出ようとした所長の足を誰かが引っ張った。
見ると未だレイブンの毒牙にかかっていない女が、震えながら所長の足にすがっていた。

「…コレはミーティングの後にしてくれよ?」

すがる女を足で払い、所長は部屋を出て行った。

「…クッ…ウッ…ッ…!!」

「んあっ、くぅっ、ふぁ、あああっ! あぁああっ、凄い凄いです!!」

くぐもった喘ぎ声と歓喜の艶が混じった二つの女の声。

貴重なサラマンダーのレズシーン♪

「あああんっ……いいっ、最高にいいですっ!!
 あのサラマンダー様とこうしてオマンコぐちょぐちょできるなんて最高ですっ!!」

歓喜の声をあげる女は研究所の医療班の女性。

「クゥ…ァァ…ウァ…」

もう一方のサラマンダーは喉から出る喘ぎ声を必死に押し殺そうとしている。
唇を噛み締め、まるで痛みに耐えるかのように表情を強張らせる。

「ああん、サラマンダー様も、あぁん、もっと感じてください!!
 でないと…はぁん…傷が早く、んっ、治りませんよ!!」

魔因子は性的快感を受ける事で活性化し、
細胞の高速再生など、身体能力が飛躍的に上昇する。
一見すると女同士の淫らな情事だが、これが魔因子を取り込んだ者の効率的な治療法なのだ。
ただ、サラマンダーの治療はもうとっくに終わっていた。

「ほら、ほら!!もっとオマンコ擦り合わせなきゃ!!」

「も、う…もう、いい、アッ…いい、だろう…?」

ぐいぐいと腰を押し付けてくる女医の執拗な責めに身悶えるサラマンダー。
極めて常人の精神を持つサラマンダーにとって、この行為は嫌悪すら感じるものだった。
だが、抵抗したくとも魔因子を取り込んだ身体は貧欲に快楽を求め、
自らの意思ではどうにも振り解けない状況になっていた。

「ああああ、サラマンダーさま、サラマンダーさまぁ!!
 もっと感じてぇ!!私にサラマンダー様のだらしないアヘ顔見せてよぉ~!!」

未だ快楽に抵抗するサラマンダーの姿が、女医の情欲を更に煽った。
快楽に溺れ狂ったサラマンダーの淫らな姿が見てみたい。
女医は自分の立場を忘れて腰を振り乱した。

「くああああ、やめろおお!!もうやめてくれーーーー!!!」

必死に抵抗するサラマンダーだが、その精神はもはや限界に来ていた。

「あはあああ、サラマンダーさまもトンじゃいましょおおお!!!
 いっぱいいっぱいイッて気持ちよくなっちゃいましょうよおお!!!」

女医は腰の動きを更にヒートアップさせ、トドメを刺して来た。

「あ、ああ、あああああ……!!!!!!」


「いつまでヤッてんだ!?」


ピタッ


こっそり絶頂する火蜥蜴

所長の思わぬ介入に金縛りにあったように硬直する女医。

「もうとっくに傷は完治しているように見えるが?
 いつまでも遊んでないで次の怪人の治療にまわって欲しいんだけど…」

「も、申し訳ございません!!すぐに次の方の治療に取り掛かります!!」

女医はまるでロケットのようにその場から飛び出すと、その場から消えていった。

「しばらくしたらミーティングルームに来てくれ。
 キミに傷を負わせた相手の事で話がある…」

所長はそれだけ言うとその場を後にした。

「……クソッ!!!」

ひとりその場に残されたサラマンダーは、
未だ快楽を求める自分の身体の忌々しさに腹が立った。

のび太さんのエッチ!





「情報部から"新型"に関する写真を送ってもらいました。こちらがソレです」

女性研究員の一人がスクリーンに写真を映す。

隠し撮りにしてはカメラ目線?

「おお…」 「美しいな…」 「…ロボットなのか?」 「スペックは?」

スタッフ達の様々言葉がミーティングルームを騒然とさせる。

「…これは!!」

騒然とした中、一際大声をあげ、席を立ったのは浅谷くんだった。

「Project.KOS-MOS。『Safe』はまだあんな馬鹿げた計画を続けていたのですね」

「なんだ、その…、プロジェクトコスモスって?」

「簡単に言いますと、機械の身体に人間の脳を移植して
 サイボーグ兵『Transfer』として前線に送り出す計画です。
 身体能力の向上はもちろん、プロの軍人の経験を脳内にコピーする事で
 如何なる状況にも対応でき、さらに感情の制限、行動の管理により
 恐れを知らない最強の兵士を短期間に大量に生産するシステムの開発。
 それがProject.KOS-MOSです」

浅谷くんの発言により、再びミーティングルームは騒然とする。

「…おいおい、そんな狂った計画が実行されようとしてるなんて、この国はどうなってるんだ?」

「さあ?効率重視の社会ですからね。人間の尊厳とか、どうでも良いのでしょう。
 それにこの計画は一部の人間しか知らないことですから…」

「流石は元Safe技術開発局の主任さん。知らない事なんて何もない♪」

浅谷くんを茶化すように所長がからかう。

「…本来は身体の自由の利かない人達を助ける為のシステムだったのです」

「わかってるよ」

申し訳なさそうに視線を下げる浅谷くんに所長は頷いた。

こっちのが隠し撮りっぽい

「しかし、コレ。どう見ても双葉ちゃんだよねぇ~…
 どうして双葉ちゃんがサイボーグ兵になってるわけ?」

「どうやら彼女、大学を飛び級で卒業しているようですね。
 元々頭の良い子ではあったようですが、病気が回復した後から急激にIQが上がっています」

「魔因子の影響…かな?」

「…あの姉にして、この妹。と、言ったところでしょうか?
 その後、彼女の類稀な才能に目を付けたSafeがスカウトしたようです。
 おそらく、そこで何かがあったのではないかと…?」

「まいったねぇ…サラマンダーになんて言えばいいんだよ…
 ちゃんと面倒見るって言ったのにさぁ~」

「彼女の希望で全寮制の学園に入ったのですから仕方ありませんよ。
 それに、社の息のかかった学園では普通の生活は送れないでしょう?」

「そうなんだけど…そうなんだけどなぁ~…
 あー、サラマンダーになって言えばいいのかなぁーー!!!」


「事実を述べればいい」

格好つけてるけど遅えよババア!!





「そうか…、やはりアレは双葉に間違いないのか?」

スクリーンに映し出された妹と思わしき人物を見ながらサラマンダーは言った。

「その可能性は非常に高いです。
 多少の疑問は残るものの、双葉さんがSafeの下にいるのは間違いありません」

浅谷くんの言葉にサラマンダーはうつむくと、何かを決したように顔をあげた。

「私は…妹を…双葉を連れ戻しに行く」

シスコン

「ワシも行くぞ、さらまんだー!!いいか、決してお主の為に行くのではないぞ?
 首領様や部下達の仇を討ちに行くのじゃ!!
 見ておれSafeの小童共。ワシの牙で一人残らず血祭りにあげてくれるわ!!」

「ま、そう言うとは思ってたよ。
 止めたって無駄だろうし、キミとの約束の事もあるからな…。手伝ってやる」
 
テンションの上がったレイブンの横で
頭をポリポリと掻きながら、所長はやれやれといった感じで答えた。

「…ああ、言っておくが私が一緒に行くわけじゃないぞ?一緒に行くのは彼女だ」

復活致しました


つづく



あとがき

今回ってエロシーンもそんなエロくないね!!くっそーーーー!!!
鼻水とくしゃみが止まればこんな事には… ずびずび
web拍手
別窓 | アクノス:所長の日常 | コメント:11 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<少し見ない間に人間は変わるもの | アクノス研究所 | 話が壮大になってきたが、引くに引けない!!>>

この記事のコメント

うをっ!?
ガーベラ復活っすね!
痺れまくります。
2009-09-10 Thu 13:06 | URL | 神代☆焔 #-[ 内容変更]
なんと、脳移植と来ましたか…
ますますもってSafeが非道な組織にw
サラマンダーさんには頑張って奪還してもらわないと!

浅谷さんの過去も明らかになりましたね~。
どうりで簡単にSlaughterの洗脳改造を行えた訳ですねw
こちら側に来た理由はやはりSafeに嫌気が差して…でしょうか。

そして最後に…ガーベラさん復活キター(゚∀゚)ー!!
2009-09-10 Thu 20:23 | URL | Mizuha #-[ 内容変更]
やっぱり、Safeは非道な組織ですね!!
脳移植とは・・・
サラマンダーには頑張って救済?して欲しいです!!
そして!!
祝!!ガーベラ復活!!どんな活躍するのか楽しみです!
2009-09-10 Thu 23:12 | URL | たか(t) #89zBIK8s[ 内容変更]
魂が!震える!!
サラマンダー格好良い!
感服いたしました、続きがめちゃ楽しみです!
2009-09-11 Fri 00:11 | URL | わぶき #-[ 内容変更]
Project.KOS-MOS……またまたいわく付きのプロジェクトが登場、と。
そしていい感じにサラマンダーたちの反撃が始まってますね!
ガーベラさんにも期待です。
2009-09-11 Fri 23:43 | URL | 緋風 #sSHoJftA[ 内容変更]
>神代☆焔さま
パワーアップして復活したガーベラの活躍をご期待ください!

>Mizuha様
実は浅谷くんは元Safeの科学者だったのですよw
嫌気がさしてこちら側に来たのですが、理由は本当に個人的なモノなのですw
例えるなら、アマの漫画家がプロになったら好きな物を描けなくなった的な事で…

>たか(t)様
当初は銀河鉄道999のように完全機械化(脳もAI)にしてしまおうかと思ったのですが、
流石にそれでは助ける道が思いつかないので、一部でも生身にしたほうが希望はもてるかなぁ?という事で脳移植としました。
ふと思ったのですが、男の脳を女の身体に移植したらTSになるのでしょうかね?
2009-09-12 Sat 00:34 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
>わぶき様
もっとサラマンダーを格好良く見せれたらイイのに!!
エッチで我慢するくらいしか思いつかなかったよ!!

ですが、わぶき様の期待に応えられるよう、頑張りたいです!
そして思いの外、話が壮大になってきて風呂敷を畳めるのか不安になっている所長です。

>緋風さま
このプロジェクトの発端はSSを撮った後に
「あれ?バイザーにKOS-MOSって書いてあるけど…こいつモッコスじゃないし!!」
と、言う事から「だったら、無理矢理話に入れてしまえw」

さて、サラマンダーは見事妹さんを救出できるのか…?
次回のお楽しみに!!
2009-09-12 Sat 00:53 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
多分、それもTSになると思いますよ!!
捕らわれて、気が付いた時には脳移植で女性に・・・
その場所から逃げようとした時に組織の会話を聞いてしまい、また捕まり・・・情報漏えいを防ぐ為に組織の一員に・・・なんて・・・

>男の脳を女の身体に移植したらTSになるのでしょうかね?
2009-09-12 Sat 01:49 | URL | たか(t) #-[ 内容変更]
>たか(t)様
これもTSになりますか!
男の身体の調子で戦いを挑むも力押しで負けてしまうとかも、なかなかそそりますw
2009-09-13 Sun 00:04 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
今、気づいたんですが、双葉の顔をしたサイボーグの脳は、双葉である必要性はないですよね。
 
姉妹にテレパシーのような共鳴反応が起きているのなら、話は別ですけど……。
2009-09-15 Tue 23:21 | URL | 神代☆焔 #-[ 内容変更]
>神代☆焔さま
まさにその通りなんですよー!
全身機械の身体なので、顔が双葉ちゃんなだけで中身は…
2009-09-17 Thu 03:04 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アクノス研究所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。