FC2ブログ

アクノス研究所

「広がれ魔物娘の輪!」に参加中! 広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!
ふたば悪堕ちスレファンサイト 女性が悪堕ち、人外化するのが大好きな人のブログ。18禁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

なんてこった!!社長に呼び出された!!

今回のお話に関係のあるお話一覧
読んでいない方は、上から順にお読みください


【我を助けよ】 別に空から堕ちて来たわけではない 【光よ蘇れ】

内容:敵の殺戮ロボットを鹵獲する事に成功したアクノス研究所。
   その脅威的な攻撃力を味方に付けるべく洗脳改造だ!!!


【パンデミックと真心を君に】

内容:謎の奇病が世界で大流行。研究所内でも大流行で機能停止!!
   そして、さらなる脅威が研究所に忍び寄っていた…




夜の闇に包まれた暗い森の中、佇む複数の人影。

「このメモに記された場所に研究所の隠された入り口がある」

黒いスーツに身を包んだ男が女に小さなメモを手渡す。

国家公務員 ヘの壱号

「情報提供、感謝致します」

メモを受け取った女は、部下と思しき男の一人を指で呼ぶ。

「これが報酬です。受け取ってください」

情報提供者の男に、ふたつの大きなアタッシュケースを手渡そうとする。

「結構。俺は君達の正義に賛同したまでだ。
そんなはした金の為にやっているわけではないさ」

「…そうですか?それでは失礼します。
貴方に正義の星の加護がありますように…」

女は軽く会釈すると、部下と共に足早にその場から立ち去る。

男は女達の後姿を見送りながら、煙草を咥えた。

「正義、か…。ククッ、確かに俺のやってる事は正義だ。
なんたって悪の研究所をぶっ潰す手伝いをするんだからな。
この作戦が実行されれば…
クククッ、次の本社直属の研究所長は…この俺だ」

「所長、着きましたよ。起きてください」

ゆさゆさと誰かに身体を揺すられ目が覚める。

「…ん、もう着いた?ふぁ~あ」

大きな欠伸をしながら目を開くと、
同じように欠伸をしている浅谷くんの姿が目に入った。

「…どうにも慣れませんね。この催眠ガスってのは」

「電気ショックで気絶させられるよりはマシでしょ」

俺と浅谷くんは社長の緊急の呼び出しに応じ、とある場所に来ていた。
正直、俺も浅谷くんもここが何処だか知らない。
いつも厳しいボディチェックを受け、外の見えない車に乗せられ、
さらに催眠ガスで眠らされたまま運ばれるからだ。

ガチャリと車のドアが開き、
社長の使いと思わしき女性が頭を車内に入れてきた。

「…準備が整いましたので、こちらへどうぞ」

どっかで見たことあっても気のせいです

女性に案内されながら、迷路のように入り組んだ建物の中を進む。
もし彼女とはぐれてしまったら、永久にここから出られないんじゃないか?
そんな不安がよぎる程、広く複雑な道を右に行ったり左に行ったり。
階段を上ったり下ったり、いくつもの扉を抜けて進んでいく。

やがて大きな扉の前に辿り着いた。
女性が扉を開け、中に通される。
部屋の中には他の研究所の所長と副所長達が既に集まっていたが、
社長の姿はまだ見えない。

「HEY!としあき!今回は災難だったな」

声をかけてきたのは、米国支部長のアノニマス所長だった。

「Safeの人形共に本研究所を壊滅させられたんだってなぁ?
今回の社長の呼び出し、その事についてなんじゃないのかい?」

正直、俺はこの男が嫌いだ。
異常なまでのプライドの高さからの人を見下す態度と、
人の失態を蜂の巣をつついたように騒ぎ立てる所が特に気に入らない。

特に俺に対する態度はあからさまで
俺が本社直属の研究所の所長だと言うのが余程気に食わないようだ。
ま、俺の実力がこの男より劣っているのは認める。
自分が今の地位にいるのは全て、社長からの信頼の表れだと思っている。

「…おい、さっきから黙ってないで何とか言ったらどうだ?」

「ああ、失礼。少し考え事をしていてね。まったく聞いてなかった」

「きさま…!!」

場の空気が張り詰める。

「みなさま、お待たせしました。只今社長が御着きになりました」

皆の顔がハッとなって、扉の方を向く。

カッ、カッ、とピンヒールの乾いた靴音が部屋に響く。
俺達は急いで横一列に整列すると社長を出迎える準備をした。

カッ、カッ、カッ、カッ…

スーツの女性達が扉を開けると
漆黒のスーツを着こなした眼帯の女性と、数匹の”犬”が部屋へと入ってきた。

社長 登場

「ごきげんよう諸君。突然の呼び出しに応えてくれて嬉しく思うよ」

社長が部屋に入ってきた瞬間、空気が冷たく凍りつくような感覚に襲われる。

「さて…、何から話そうか。
パンデミック…、報告書に記載されていない淫怪人の私的流用…
今回は他にも目に余る失態が幾つもあるようだな…」

カッ、カッ、カッ…

「…そうだな。まずは研究所本部が壊滅した話でもしようか?」

社長の冷たい視線が俺を射抜く。
それと同時に支部長達の視線も俺に集中する。

カッ、カッ、カッ…

社長は真っ直ぐ俺に向かって歩いてくる。
ピンヒールブーツが床を鳴らす乾いた音が、
死へのカウントダウンのように聞こえてならない。

社長に尋問されたい人挙手 ノノ

「どうして奴等に研究所の場所がバレたと思う?キミの意見を聞いてみたい」

社長の金色に輝く隻眼が、まっすぐ俺の目を見つめる。
この瞳でじっと見つめられると目線を逸らす事なんて出来ない。
まるで全てを見透かされているようにすら思える。

「襲撃前、Safeの所有する殺戮ロボット『Slaughter』をほぼ無傷で鹵獲致しました。
罠という可能性も考慮して、研究所に搬送する前に綿密な検査もしました。
結果、発信機等怪しい物は一切発見されなかったとの事です」

「ほう。キミは部下を随分と信用しているようだな?」

「お言葉ですが私の部下、特に副所長の浅谷は信頼出来る人物です。
研究所内で副所長が再検査するも、
やはりそのような物は発見されなったと聞いております。
ですので、本研究所が襲撃された原因は私には分かりかねます」

「…分からない?」

「はい!本研究所に落ち度はないものと思われます!」

…チャキ!

社長がゆったりとした動作で懐から拳銃を取り出す。

「…そうか。ならば教えてやろう」

パンッ! パンッ!!

乾いた発砲音が二発。

反射的に目をつむり身構えてしまったが、身体に痛みは感じない。

「…あ、ぐあっ…」

悶絶しながら床に転がっていたのは、隣にいた米国支部長だった。
見ると両膝を撃ち抜かれている。これは痛そうだ。

「この男は愚かにもSafeと取引をしていてな…
キミを失脚させれば、その席につけると思っていたようだ」

見えた!!

床に倒れこんだ支部長のこめかみを
ピンヒールの鋭い踵で踏みにじりながら、
社長は先程よりも冷たい瞳で見下ろしていた。

「…そ、んな…誤解で、す」

ギリギリギリッ

「ぐああああああっ!!」

息も絶え絶えに弁明する支部長に対し、
社長は踏みつけた足にさらに体重を乗せる。

「ポチ、こっちへ来なさい」

社長が”犬”の一匹を呼んだ。

「…ま、まさか…お前は…」

支部長の顔が真っ青になり凍りついた。
ポチと呼ばれた犬が顔を覆っていたアイマスクを外すと…

別に邪眼というわけではない


「うわあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

パンッ!





おわり



あとがき

本当は豚淫フルエンザの事件、
メキシコ支部の研究所がバイオハザード起こして
ウィルスが漏れたって事を書こうかと思いましたけど
gdgdになるので省きましたw

(本部壊滅時に職員の殆どが豚淫フルで欠勤したおかげで
被害が少なかったとの事でメキシコ支部長は減俸程度ですみましたw)

他にも社長と所長との密談とか入れようかと思いましたが
「悪堕ち関係ないじゃん!!」と思い却下。

でも、社長と所長とのプライベートとか、いつか書きたいです。
web拍手
別窓 | アクノス:所長の日常 | コメント:9 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<【インマーの恩返し】 | アクノス研究所 | 【パンデミックと真心を君に】>>

この記事のコメント

お米の国の支部長がポチに貪り喰われるシーンはやらなかったんですね?w
 
アクノス研究所所長の善人っぽい性格は大好きなんですが、実際にいぢるとしたら、どこまで善人に書いて良いのか不明ですね。
 
──いぢる必要は当分ありませんけどね(笑)
2009-07-21 Tue 22:13 | URL | 神代☆焔 #-[ 内容変更]
まさかの展開ですね!
こう言う事があると言う事は、
今後も所長の座をねらって・・・

それにしても、あれだけの騒ぎを起して?
減俸程度で済んでよかったですね(笑)
2009-07-21 Tue 22:52 | URL | たか(t) #-[ 内容変更]
>神代☆焔さま
公開逆レイpで干乾びさせても良かったのですが、
社長の怒りがMAXだったようであっさりと脳天に一発。
所長は基本、良い人ですよ^^
動物とか大好きで普通に愛せます^^
人間に対しては鬼畜ですがね…
病気の妹を養う姉を何が何でも改造するとかw

>たか(t)様
社長があれだけ周りに脅しをかけたので、当分は心配はないと思いますが…
私自身も過ぎた欲を持ってしまったら、ああなってしまうやも知れません。
メキシコ支部長は「偶然とはいえ、多くの優秀な人材の命を(病欠によって)救った功績」が大きかったみたいです。
米支部長が目の前で殺された時の彼の心境は、他人事ではなかったはずですw
2009-07-21 Tue 23:52 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
社長……カッコよすぎる……!
久しぶりにシビレましたよ。
このようなやり手の社長がいれば組織は安泰ですよね。

ん?悪の組織が安…泰…?
2009-07-22 Wed 01:38 | URL | 緋風 #sSHoJftA[ 内容変更]
『分かりかねる=分からない』ですから、作中の『分かりかねません』は『分かりかねます』が正しいのでは?
あのままでは、知ってますよ的な意味になると思うのですが。
2009-07-22 Wed 11:22 | URL | 神代☆焔 #-[ 内容変更]
是非、研究所跡を調べ
元Safeの殺戮ロボット『Slaughter』だった『ガーベラ』(半壊状態)頭部&体の一部を発見して『ガーベラ』に『新しい躯体』を与え、本社直属のアクノス研究所長専用の秘書兼護衛機人として復活。また『新しい躯体』には随所に最新鋭の新型人工生体パーツを使用した事により、性行為も可能になり。本社直属の研究所初のほぼ人間と見た目の変わらない護衛機人として完成。
『新しい躯体』の効果(能力)
情報処理能力等の基本スペックは旧『ガーベラ』時の3倍強。
また肌触りは良くほぼ人間と同じくらい柔らかい。
物理的な感覚を感じる事が出来る。
性行為も可能に。
性行為の際に相手に魔因子を感染能力の付加。
電子機器をハッキングした際に、電子化した魔因子を送り込める。
自己再生ナノマシンの投与による自己再生&自己進化が可能に。
以上が新『ガーベラ』の効果(能力)

また『ガーベラ』に破壊され、半壊状態の『Safe』の殺戮ロボット『Slaughter』達を、回収し検査して探知機や自爆装置を排除して、『社長』の許可を元、アクノス研究所所属の浅谷がメインで、『ガーベラ』のデーターを元に、『ガーベラ』に破壊され、半壊状態のSafeの殺戮ロボット『Slaughter』達を『ガーベラ』同様、殺戮ロボット達の体内に電子化した魔因子を抽入させ、電子仮想空間での調教による洗脳、改造を施して量産型として完成。
基本スペックは以下のとうり

情報処理能力等の基本スペックは『Safe』時の『Slaughter』の5倍弱、また随所に最新鋭の新型人工生体パーツを使用し『Slaughter』時よりも肌触りは良い。
また
主の命令を遂行する事に性的な悦びを感じるようにプログラムされている。
また、主に褒められても同じように感じる事が出来る。
今後の改造の方針であった
『性行為を行えるようにする』
『性行為の際に相手に魔因子を感染能力の付加』。
『電子機器をハッキングした際に、電子化した魔因子を送り込めるようにする』
『自己再生ナノマシンの投与など』
可能になり社長専用の秘書方1体&護衛機人2体を謙譲。

>米国支部
米国支部長アノニマス所長は「ポチ」の力で、石像化
米国支部に『支援物資』として送った新しい素材や米国支部が得た『新しい素材』や実験体や試作体を『社長』の許可で本社直属のアクノス研究所に回収され、米国支部の縮小化
2009-07-22 Wed 16:27 | URL | 魔狼 #UqkJj2vA[ 内容変更]
>緋風さま
社長は私もすごくカッコイイと思います!
とくに今回の登場シーンの絵が個人的にすごくお気に入りw
社長がいれば安泰ですねw
世の中的には安泰しちゃダメなんだろうけど…

>神代☆焔さま
ご指摘ありがとうございます。
いやはや、間違えて使っているとはお恥ずかしい限り。
うーーん、日本語はむずかしいorz

>魔狼さま
どうもはじめまして!
ガーベラの件は浅谷くんが何とかしてくれるとは思いますが、
今回研究所を襲ってきた『Slaughter』の回収は困難だと思います。

『Safe』も情報収集の為に自爆した研究所跡を徹底捜査していると思いますし、
残ったデータ等を回収しようとする研究所関係者を待ち構えている可能性がある為です。
また、『Slaughter』は破壊や鹵獲などで行動不能にされると自爆して重要な部分を粉々にしてしまう為、データの解析が出来ないのです。
ガーベラ(になった個体)は運良くその回路に不具合があった為に回収出来たので、量産を可能にするならばガーベラのデータを元に生産すると思います。

支部長の件は分かり難いですが、
あの”犬”は冒頭で出て来たSafeの女性です。
マスクを外した絵を置いておけばよかったですねorz
非常に伝わり難くて申し訳ない。
米国支部は必然的に立場が悪くなったのは間違いないですね。
2009-07-22 Wed 23:02 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
なるほど~、
あの襲撃は組織によくあるどろどろした権力争い(?)によるものでしたか。
でも既に報復(冒頭の女性をペット化)を済ませ、
米国支部長にしかるべき罰を与えた社長…格好良いですw

所長様も頑張って研究所を再建して下さいね♪
そしてまた女の子達をどんどん堕として行って下さいw
2009-07-23 Thu 21:50 | URL | Mizuha #-[ 内容変更]
>Mizuha様
フッフッフッ、冒頭の女性、実はずーっと前から社長のペットとして調教されていたんですよw

http://akuochichance.blog40.fc2.com/blog-entry-44.html
10.000HIT時の画像を見ると…

実は職員を洗脳してスパイとして送り込んでるのですw
社長が襲撃を教えてくれなかったのは、スパイの存在を隠す為だと思いたいです…
でないと私、泣いちゃいます。
次回は研究所再建の為の莫大な費用はどこから出ているのか?
(表向きの企業の売り上げをあまり使ってしまうと、国家に目をつけられちゃうのでw)
そんな話に堕ちを絡ませてみたいと思います。
2009-07-24 Fri 00:45 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アクノス研究所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。