FC2ブログ

アクノス研究所

「広がれ魔物娘の輪!」に参加中! 広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!
ふたば悪堕ちスレファンサイト 女性が悪堕ち、人外化するのが大好きな人のブログ。18禁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

不況の切り抜け方は吸血鬼に聞け!!①

皆様、お待たせしました。

最近は仕事が詰まっててなかなか画像が作成できなくて悶々としております。
文章だけは溜まって行くけど、画像をつけると追加しちゃう~!!
そして文章を追加すると画像もさらに追加したくなって…
泥沼にはまっております!!

さて…

今回の作品には少しですがが流れます!
血が苦手な方は覚悟して見てくださいね。
それといつもの事ですが、レズモノでございます。



百年に一度の不況の波で、大企業すら破綻する世の中。
中小企業である父の会社も不況の波を乗り切ることは出来なかった。

資金さえ確保出来れば十分に再建出来る。
そんな折、幸運にも大手から融資の話が舞い込んだ。
でも、それにはひとつの条件があった。


融資元の令嬢に

定期的にボクの血を捧げる事。





腕時計を見ると午後8時半を回ったところ。
これからされる行為を前もって聞いていたが、
正直まったく信じてはいなかった。

血を吸うなんて…

信じられるわけがない。

ボクッ子登場

だけど、ソファーに腰掛けている彼女を見た瞬間、
なんとなくだけど、本当に血を吸われるだ、という気がした。

お嬢様登場

ボクと同じくらいの年齢に見える彼女が身に纏う
妖しい色気と雰囲気が、ボクをそう思わせたのだろうか?

首筋に生暖かい吐息がかかり、ボクはハッとなりました。

バアアアアァァァァン!!

気が付くと彼女は、ボクの背後に立っていたのです。

「うわあああああああああああああ!!!」

ボクは大声をあげて飛び退きました。

「うふふ、そんなに怖がらなくてもいいでしょう?」

ボクは思わず首筋に手を当てました。

「血を吸われたと思ったのかしら?
安心なさい。ソコからは吸わないわ。
ソコは親愛なる人にしか口付けをしないから…」

ゆっくりと、音も立てずに…彼女が近づいてくる…
だけどボクの身体はピクリとも動かせない。
まるでボクの周囲だけ時が止まったかのようだ…

「さあ、そこのソファーにお座りになって…」

ゆっくりと、導かれるようにソファーへと誘われるボク。

「じゃあ、どこから吸うつもりなのさ…」

ソファーの深々と腰掛けたボクは
眉をしかめ、怪訝な顔で彼女に聞いた。

彼女は無言でボクの左足を手に取ると、
ボクの履いている黒のストッキングをサワサワと、
感触を楽しむように白い指先で撫でる。

「牙の痕が目立つ所では嫌でしょう?
だから私はココから吸う事にしてるわ」

チクリ、と脹脛(ふくらはぎ)に鋭い痛みが走る。
ちゅるちゅると、血を吸いあげる音が静かな室内に響く。
じんわりと、黒のストッキングに丸い血の染みが広がっていく。

お嬢様はタイツスキー

それをボクは、ただじっと、声も立てずに見続けていた。




「ごちそうさま」

ごちそうさまでした

どれくらいの時間、血を吸われ続けたのだろうか?
なんだか10分くらい吸われていたような気がしたけど…

腕時計を見ると8時35分。
吸われたのはほんの1、2分だろうか?

血を吸われると言う行為を目の当たりにしたから?
なんだか不思議な感覚がボクを包み込んでいた。

「ストッキング、破いてしまってごめんなさいね。
こちらで新しいものを用意しておきましたから、
これを履いて帰って下さいね」

見るとストッキングは噛まれた所から大きく伝線し、
ボクの脚には吸血された痕が小さく残っていた。

「…ボクも吸血鬼になってしまうの?」

急に恐ろしくなったボクは彼女に問いかけた。
そんなボクに彼女はくすりと笑う。

「ふふ、心から私を受け入れてくれなければ、
例え吸い尽くされてもなりはしないわ。
…はい、代えのストキッングをどうぞ」

そそくさと破れたストッキングを脱ぎ捨て、手渡されたモノに脚を通す。

滑らかな感触と共に、スルリと脚が滑るようにストッキングに通される。
ボクのザラザラした安物と大違い。
高級なシルクの黒いストッキングだ。

「次の時にかならずお返しします」

「いいのよ、返さなくて。そのかわり…」

スッと彼女が耳元に顔を寄せる。

ボソボソ…

「この次はコレを履いて来てくださるかしら?」

彼女は耳元で小さくそう囁いた。


それから週に一度は彼女の元へ血を吸われに行きました。

二ヶ月経つ頃には血を吸われる事に抵抗もなくなり、
ボク自身も吸血される事を楽しめるようになりました。

ですが、最近のお嬢様は段々と吸い方が…
その…大胆になって行き…

チューチューフィーバー

今日は太腿の付け根に、お嬢様は牙を立てられた。

「ふううぅぅぅぅぅぅぅ~~~~~ん♪」

ボクは甘い声をあげながら腰をヒクつかせる。

そんなボクの反応をお嬢様も楽しんでいるのでしょうか?
鋭い爪でビリビリと黒いストッキングを破きながら
ちゅるり、ちゅるりとゆっくり舐る様に血を吸い上げます。

「あん♪あん♪」

ちゅるり、と溢れた血を舐め取られる度に
ボクは自分でも驚くほど可愛らしい声で鳴いていた。




最近ではお嬢様に呼び出されてもいないのに
血を捧げにお邪魔している…

そんな身勝手なボクに、
お嬢様は嫌な顔ひとつしないで迎えてくれる。

今日はどんなストッキングで吸われようかな?

たまにはショッピングだってするよ

ウィンドウに飾られた素敵な色のストッキングを見かけると、
それを履いてお嬢様にはしたなくおねだりするボクを想像してしまい…

よく花嫁衣裳とかで妄想するよね

「…今日はコレにしよ♥」

ついつい買ってしまったり♪
ああ、はやく夜にならないかなぁ~…


つづく
web拍手
別窓 | 吸血鬼 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<不況の切り抜け方は吸血鬼に聞け!!② | アクノス研究所 | 堕ちたのはどっち?>>

この記事のコメント

脆くて儚いパンスト生地ですが、男性用に欲しいものです(笑)
冬場のツーリングに便利そうですからね。
 
さて、今回は情緒ある感じの展開でした。
ご馳走様です。
 
 
※二番目に送った作品が本命ですが、最初に送った方に興味がおありでしたら、設定資料的な作品を送ります。
2009-06-27 Sat 07:59 | URL | 神代☆焔 #-[ 内容変更]
彼女が吸血鬼になるのを怖がって聞いた答えに

>「ふふ、心から私を受け入れてくれなければ、
例え吸い尽くされてもなりはしないわ。」

と言われている事は、この先彼女の運命は、決定ですね!
もう、血を吸われることが、生きがいになってるんでしょうね!
次回も楽しみにしています!
2009-06-28 Sun 16:58 | URL | たか #-[ 内容変更]
>神代☆焔さま
例のモノありがとうございます。
私はズボンの下にビニール製の薄いズボンを履いていましたが
これがなかなかに暖かい!
(ただし、履く時がヒンヤリ!!)

最初に贈られてきた作品、なかなかに気になりますね。
例のモノはなんとか今週中にあげるようにします!

>たか様
はい、決定です♥
楽しみに待っていてください!
2009-06-29 Mon 00:48 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-06-29 Mon 02:06 | | #[ 内容変更]
お株を奪われました~。(笑)
ストッキングの脚から吸血するシーン。
画像でお目にかかることは、じつはめったにないのです。
口許に撥ねた血や、じいっと見つめる吸血鬼のお姉さまの目線がリアルです。
あと、吸い取った血を拭うシーンなんかも。^^

「ボク」というので、もしや女装した男の子?
なんてカン違いを。(^^ゞ
個人的には、そちらも萌えかもw
破いたストッキングのお返しに、つぎに履いてくるストッキングをあたえるくだりも素敵でした。
通学用の地味なやつから、だんだんお姉様愛用の薄々のツヤツヤなモノに近づいていくのでしょうか。
同時に、女子学生じしんも、お姉様の世界に密着していくようになっていくんですね。
まったりと流れてゆくストーリーの、独特な雰囲気に引き込まれました。

そういえば、お姉様着用のものはかなり薄そうですね。
薄々、ツヤツヤのストッキングの微妙な色合いが、とてもよく出ているような気がします。

>今日はどんなストッキングで吸われようかな?
彼氏の前で身に着ける下着を選ぶお嬢さんの心理ですね。^^
「1」ということは、「2」以降もありですよね?(^^)
まるで私のために用意されたようなストーリー。
たんのうさせていただきました。たっぷりと。(*^^)v
2009-06-29 Mon 06:37 | URL | 柏木 #D3iKJCD6[ 内容変更]
>柏木さま
>「ボク」というので、もしや女装した男の子?

構想中はそうでしたが、あまりにもフェティッシュ過ぎるかと思いまして(次回のオチを踏まえて)w

前々から吸血モノをやろうと思っていたので、柏木さま風に作ってみましたw
お気に召して下さったのならば幸いでございます。
2009-06-30 Tue 00:00 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
妄想が止まらない(笑)
 
 
「そこの貴女、何をしていますの?」
 
「父の会社が不渡りを出してしまって……」
 
「ふ…ん……人間とは、やはり不可解ですわね」
 
「……あのぉ、どうして、ボクと同じトコに居るんですか?」
 
「ふふっ、こんな満月の美しい晩には散歩をたしまなくてはいけませんもの」
 
「高層ビルの屋上で?」
 
 
……とゆーよーな会話を妄想していたりします。
2009-07-01 Wed 00:48 | URL | 神代☆焔 #-[ 内容変更]
>神代☆焔さま

「ああ、失礼。人間は飛べませんでしたわね」

「見てないで助けてーー!!」

「ふ…ん……人間とは、やはり不可解ですわね」

きっとこんな感じで続くのですね?w
2009-07-01 Wed 23:45 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アクノス研究所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。