FC2ブログ

アクノス研究所

「広がれ魔物娘の輪!」に参加中! 広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!
ふたば悪堕ちスレファンサイト 女性が悪堕ち、人外化するのが大好きな人のブログ。18禁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

日本昔堕ち話 楓堕ちるの巻

要望の多かった楓さんの堕ち話をやっつけてみました。
所長は「蟲等のうねうね系」が大嫌いです。
身体に触手を生やすとか、体内に寄生するなんてもっての他。
なので、今回は触手注意でございます。

あー、スキャラとかマンドレイクは別に平気だな~。
ようは女性の上半身が付いてれば触手も許される。
だけどうねうねする蟲!お前はダメだ!

…横道にそれましたね。
それでは、楓堕ち編のはじまり、はじまり~!

楓「お願いだから二人ともやめてえええぇぇぇ!!」

二人は嫌々と首を振る楓を組み敷くと、菖蒲は楓に馬乗りになった。

楓「いやああああ!!二人とも目を覚まして!!!」

尚も暴れる楓の両腕を、今度は薺が押さえつけると、
まるで子供をあやすかの様な声で語りかけてきた。

う~ん、私も混ざりたい

薺「怖がらなくても大丈夫だよ。楓ちゃんを傷付けたりするわけじゃないんだから…」

菖蒲「そうそう、ただ気持ち良くしてあげるだけ…」

二人の声は優しく穏やかだったが、その表情は邪悪で妖艶な笑みを浮かべおり
楓の恐怖心をより一層大きくした。

楓「正気に戻ってよぉ…嫌だよ、こんなの…
  いつもの菖蒲と薺に戻ってよおぉ!!」

大粒の涙を流しながら楓は二人に語りかけた。

菖蒲「かえで…」

薺「………」

菖蒲と薺はそんな楓を困った顔で見つめた。

菖蒲「…泣かないで楓…」

薺「楓ちゃんは笑った顔が似合ってるものね…」

二人は楓ににっこりと微笑む。
その笑顔がいつもの二人の笑顔だった。

菖蒲「悲しい気持ちなんて、すぐに消してあげる。
   玉藻さまから頂いた妖かしの力でね!」

やっぱ、混ざりたくない!

そう言った菖蒲の股間から、ずるずると肉の蔓が何本も這い出してくると
あっという間に楓の身体に絡みついた。

楓「いやああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」

肉の蔓の先端が楓の後ろの窄まりを押し広げ体内に侵入する。

楓「ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!!」

異物が直腸を逆行する異様な感触にたまらず叫ぶ。
だが肉の蔓は楓の手首ほどもある太さにもかかわらず、痛みを一切に与えなかった。

このカットの菖蒲さんの表情はGOOD!

菖蒲「あ~ん、楓の尻の穴すっごい締め付け~♪きもちいい~♪」

蕩けた表情で楓の尻の穴を犯しながら、菖蒲は腰をグリグリと動かし始めた。
すると腰の動きに合わせて直腸を犯す肉の蔓が、ずるり、ずるりと前後に動く。

楓「いやああぁぁ…、いやあああああ、ああああああああああああああ!!!」

腸壁を肉の蔓で擦られると、甘い痺れがじんじんと広がり、腰が蕩けていく。

楓「あああ、ああああああああああ、はあああああああああああああああああん!!!!!」

いつしか楓の叫び声は甘い嬌声に変わり、表情も快楽に緩む女の顔になっていた。

薺「あはは!楓ちゃん気持ち良さそう~♪
  待っててね、薺がもっと気持ち良くしてあげるから♪」

だが、これくらいの触手なら愛せるかもしれない

菖蒲と同じ肉の蔓が、薺の股間からもうねうねを這い出して楓の身体に絡みつく。

薺「…うーん、オマンコに入れたいけど初めては御主人様にされた方がいいよね?
  と、言う事でぇ~…」

薺の肉の蔓の先端は、あろう事か楓の乳首に狙いをつけると乳頭を押し広げ乳管に侵入したのだ。

女の子と触手がセットだからこそ許される

楓「ひぎいいいいいいいぃぃぃぃぃ!!!!!!!!????」

快楽に惚けていた楓も、コレには驚愕の声を上げた。
本来固形物が通るように作られていない乳管を、ずずずずずっと肉の塊が侵入してくる。
尻の穴と同じで痛みはまったく無かったが、
その異様な光景には、妖かしの快楽に囚われた楓の精神も正気に戻らざる得なかった。

楓「やめてええええええええ!!!
  おっぱい、おっぱい壊れちゃう!!!!!」

目の前の恐怖に錯乱し絶叫する楓。
だが楓の両胸を犯す薺は、そんな楓の叫び声は聞こえないかのように
より深く肉の蔓を楓の体内に押し込んで行く。

薺「んふふ~、このくらいでいいかなぁ?
  さーて、楓ちゃん。覚悟はいいですか~?」

錯乱している楓に、薺のその声は届かなかった。

ずりゅりゅりゅりゅりゅッ!!

両胸に侵入した肉の蔓が乳管を擦りあげながら一気に引き抜かれた。

楓「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

強烈な未知の快楽を不意打ちされ、楓は弓のように身体を仰け反らせる。
白目を剥き舌を垂らして気を失い、股間から噴水のように失禁しながら楓は絶頂した。

薺「あっは♪イッてる、イッてる♪ああん、アタシもイキそう!!」

菖蒲「んはぁ、すっごい締め付けてキタ!私もイクぞ!!」

肉の蔓の先端から大量の白濁液を吐き出しながら、楓を犯す二人は同時に絶頂した。

菖蒲「あはぁ~、楓も気持ちイイんだねぇ?尻の穴、ぎゅーっと締め付けたままだよ♪」

薺「もっともっと気持ちよくしてあげる♪今度はおっぱいズンズン突いちゃうからね♪」

楓「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

石の様に身体を硬直させて失神する楓をふたりは尚も犯し始めた…




玉藻「ほぉう、よくここまで仕上げたものじゃな。
   この娘、お前達の仲間…、友達であろう?」

菖蒲「ふふふ、だって玉藻さまの御命令ですもの♪」

少し呆れた表情の玉藻に菖蒲が満足気に笑って答えた。

やはり菖蒲さんの表情が妙にGOOD!!


楓「あああ、あああ、おまんこ、おまんこきもちいい~」

楓は焦点の定まらぬ目で空を見つめながら激しく股間を指で弄っていた。

玉藻「ちとヤりすぎじゃ。心が壊れておるではないか?
   誰が壊せと言った?妾は堕とせと言ったのじゃ!」

薺「ごめんなさい~、初めてだから加減がわからなくて~♪」

悪びれる素振りもなく薺が謝る。

玉藻「…まったく、こんな友を持って可哀想な奴じゃな…
   あとで妾が治してやる故、すこし待っておれ」

ポン、と玉藻が楓の頭に手を乗せた。

楓「あ~…?あへへ、あへぇ~♪」

楓は緩んだ表情で玉藻を見つめる。
その顔は先ほどまで凛とした表情で玉藻に挑んでいた少女と同じ人物とは思えない程だった。

玉藻「…罰として一度、お前達二人もこうなれ。
   こんな調子で次もやられたのでは堪らんわ!!」

菖蒲と薺の背後の闇から無数の肉の蔓が現れ、二人の身体を絡め取る。

菖蒲「あぁん、玉藻さま、お慈悲を~♪」

薺「二度とこのような事はしませんから~♪」

二人はこれからされる行為に期待をするかのような声で玉藻に謝罪する。

玉藻「はぁ…まったくとんでもない淫乱陰陽師どもじゃな…
   こんな奴等が今後も来るとなると、妾もちと危ないかも知れんぞ?」

玉藻はため息をつきながら、絡め取った二人に罰を与えるべく肉の蔓を操った。
web拍手
別窓 | 堕ち話 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<悪の秘密結社【ブラックシャドウ】の3大幹部! | アクノス研究所 | 日本昔堕ち話>>

この記事のコメント

楓さんの堕ち話来ましたね~♪
人外化した仲間に陵辱されて堕ちる…とても好みです♪
玉藻様が治して下さるなら壊しても安心ですねw

そして玉藻様の治療で髪の色が変わるんですね(ぁ
2009-05-07 Thu 19:36 | URL | Mizuha #-[ 内容変更]
快楽堕ちGJです♪
画像が良すぎて、楓の堕ちていく表現がひしひしと伝わってきます。

>「はぁ…まったくとんでもない淫乱陰陽師どもじゃな…
玉藻様のおかげでこうなったのですけどねww

私のブログで書かれたコメントの返信しときましたー♪
2009-05-07 Thu 23:51 | URL | ν賢狼ホロν #-[ 内容変更]
うむ、触手使いのおなごは大変よいものですな。
エロ堕ちもイケる俺にはまさにご褒美です。
2009-05-08 Fri 01:58 | URL | わぶき #-[ 内容変更]
>Mizuhaさま
>髪の色が
!!!!!!
治療も妖気注入ですね!わかります!
これだけ酷い事をして700年後はぬくぬくとしてますから、
玉藻さまは恐ろしい妖怪です。

>賢狼ホロさま
>画像が良すぎて、楓の堕ちていく表現がひしひしと伝わってきます。
二人がかりの触手責めを作った時に、
あまりにも楓が哀れに思えて修正しようかと思ったりもしましたw
結局修正しませんでしたが!

>玉藻様のおかげでこうなったのですけどねww
玉藻本人に悪気が無いのが一番質が悪い…
これだけ酷い事をして700年後は(略

わぶきさま
>触手使いのおなごは大変よいものですな。
今回はふたなりを封印してみて、かわりに触手チ○コを生やしてみました。
触手は戦闘、拘束、陵辱と三拍子揃っているので非常に使い易いですね。
だが男の触手はマーラ様だけで十分!
2009-05-08 Fri 02:39 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
楓の快楽堕ち、いいですね~!
やりすぎて壊してしまうとは・・・
もうすでに二人は玉藻の下僕になって・・・
ま~でも、お仕置きとして楓と同じ様に一度壊されるとは・・・
玉藻は凄い力の持ち主ですね・・・700年後もですが・・
2009-05-08 Fri 22:12 | URL | たか #-[ 内容変更]
>たかさま
伊達に玉藻さまは年齢が四桁の大台に乗ってるだけありますね。
インド、中国、そして日本と渡り歩いてはこんな事をしているわけで…

元になったネタの「玉藻前」と言うお話を読む限り、
まさか東の端にある島国で、討たれちゃうとは夢にも思わなかったはずです。
そのせいで700年後はちっこいんですがねw

悪堕ち要素を加えつつ、玉藻さまが小さくなる原因のお話も今後作れればいいなぁ~。
2009-05-09 Sat 01:28 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アクノス研究所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。