FC2ブログ

アクノス研究所

「広がれ魔物娘の輪!」に参加中! 広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!
ふたば悪堕ちスレファンサイト 女性が悪堕ち、人外化するのが大好きな人のブログ。18禁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

そろそろ畳めそう…だゾ!

久々の更新です…
いや、ほんとすみません。
えーっと、青髪の子の名前…なんだっけ?
(前の記事を読む)





「このっ、このっ!!」

うお、まぶしっ!

青井リンドウは壁際へ追い詰められていた。
双葉を守る特別製の『Transfer』の装甲は、
普通の銃弾では一切傷を付けられなかったからだ。
スーパーアーマー状態


「ならば、コレでどうだ!?」


青リンゴではない

リンドウは懐からグレネードを取り出すと、
口でピンを引き抜き相手へと投げつけた。

カッ!!


グレネードは突進してくる『Transfer』の目の前で炸裂した。


死亡フラグ

爆音と共に撒き上がる砂埃。

「やったか!?」

スーパーなので装甲も厚いゾ

リンドウがそう言った瞬間、
撒き上がる砂埃の中から、殆ど無傷の『Transfer』が飛び出してきた。

オワタ

『Transfer』のブレードが風を切り裂く。
目にも止まらぬスピードで振るわれるブレードは
確実にリンドウの首を横に凪ぐ軌道だった。

(死ぬ)

ばちこーん     ぶべらっ

死を覚悟した直前、『Transfer』は横から滑り込んできたガーベラに殴り飛ばされた。

「リンドウさま、お怪我はありませんか?」

「サ、サンキュー…」

頬を伝う冷や汗を拭いながら、リンドウがお礼を述べる。

ガーベラ、マジヒーロー


「リンドウさまは、芳乃さまのサポートをお願いします」

「あ、ああ、わかったよ」

どっちが悪役だか…

めり込んだ壁をガラガラと崩しながら、『Transfer』がゆっくりと起き上がる。
ガーベラの一撃を受けてなお、『Transfer』はダメージを負っているようには見えない。

「どうやら相当高価な素材を使用しているようですね。
 これは少々時間がかかるかもしれません」

ガーベラはそう呟くと、起き上がった『Transfer』に向かって突進した。

頼もしい限り







一方、芳乃も強固な装甲を持つ『Transfer』に苦戦を強いられていた。

フォン


「でやぁぁぁぁあ!!」


キュィン

『Transfer』の攻撃をジャンプで避けながら、刀を切り上げる。

ガキン!!と鈍い音が響く。
手応えは十分にあった。

さすがゴッ○だ!なんともないぜ

しかし、くるりと向き直る『Transfer』の左肩には
薄っすらと切れ目が入っている程度。

「ヤベーよ。芳乃の刀で斬れねーってどんだけだよ!」

「っさいなぁ、ビビってないで援護しなさいよ」

「援護ったって、あの装甲は私の銃じゃかすり傷もつけられないだぞ!?」

なんかこの二人、好きになってきた

「はぁ…だから私がその装甲を頑張って斬ってるんじゃないの…」

動揺するリンドウに芳乃は溜息をついた。

「って、ほら来たよ!!」

またキターー

再び斬りかかって来る『Transfer』。

「うおりゃあぁぁぁぁーーー!!」

ガギィン!!

しゃがみ斬り

横凪ぎをしゃがんでかわしながら、芳乃は渾身の一撃を振り下ろした。

どんだけ硬いのか

同じ箇所への攻撃。
その攻撃によって、かすり傷程度のモノは小さな亀裂へと広がった。

「ほらっ、リンドウ!!」

「そーいうことかっ!!」

そこだぁぁぁーーー!!

長年一緒に行動している芳乃の考えを、リンドウは即座に理解した。
『Transfer』に向かってリンドウは引き金を引いた。

ぶち貫けぇぇえ!!

弾丸は亀裂の僅かな隙間を貫いた。

「・・・・・・・・・」

だが、『Transfer』を破壊するには至らない。
しかし、その傷をじっと見つめる『Transfer』に変化が起きた。

今回、唯一のエロ(っぽい)画像

「あ……ふぅ……」

『Transfer』が体を震わせ、上擦った声を漏らし始めたのだ。

「どーやらうまくいったようだね」

リンドウが額の汗を拭いながら安堵の声を漏らした。

「魔因子弾が効かなかったら、どうしようかと思ったけどね」

そんなリンドウに芳乃は苦笑いをしながら応えた。






圧倒的な『Transfer』の性能の前に『Slaughter』達は成す術もなく倒されていく。
元々の性能差に加え、特別仕様と汎用の違いがさらに明暗を分けていた。

とらんすふぁー無双

『Slaughter』達を蹴散らしながら、
『Transfer』はレイブンへと一直線に向かって行く。

「クッ、調子に乗りおって!!」

ひらりと『Transfer』の攻撃をかわすレイブン。
しかし、もう一体の『Transfer』がレイブンを追従する。

「なっ!しまっ…」

サイドアタックだ!

青い光を放つ二本のブレードが…

さらば、レイブン…

レイブンの身体を前後から貫いた。






つづく







所長のいいわけ


うわああああん、本当にごめんなさい!
めちゃくちゃ更新の間隔あけてしまいました!
本来はもうちょっと画像があるのですが、
そろそろあげないとやばいと思い、ここまであげました。
今週中には作成分までは記事にしてあげるつもりです。

あと、エロがなくてごめんなさい。
web拍手
別窓 | アクノス:所長の日常 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<畳めてるようで畳めてない! | アクノス研究所 | 【祝】 彗嵐のでんのぅおもちゃばこ様と相互リンク致しました! 【祝】>>

この記事のコメント

創ってて楽しいならそれでイイと思いますよ。
 
こちらも、戦闘員化した弟に襲われる姉の話作成してますが、青い犬のお姉さまが登場したトコで止まってますし……(笑)
2011-02-28 Mon 19:56 | URL | 神代☆焔 #-[ 内容変更]
無私な戦闘員のエロ堕ちツボです。(*´Д`*)
2011-02-28 Mon 20:34 | URL | こはく #AKISHq/w[ 内容変更]
一方では連携プレーでTransferの処理に成功したと思いきや、
もう一方ではレイブン様が…!!

ガーベラーッ!!
早く(交戦中のTransferを倒してレイブン様の救援に)来てくれーッ!!
2011-03-02 Wed 21:18 | URL | Mizuha #FPjcWNrE[ 内容変更]
>神代☆焔さま
作っていて楽しいのは事実ですw
ですが・・・堕ちシーンも無ければエロシーンも無いなのが残念でならない!
しかも、エロシーンは30分程度で大抵完成するのですが
今回、一枚に2時間以上かけたモノがあったりして…
神代☆焔さまも、執筆に苦労なさっているようですが、
楽しんで書けない時に作業しても納得できずにやりなおしたりとかあって大変ですよね…

>こはく様
無個性化というのもこの業界では大人気ですね!
某掲示板とかではよくやってるネタなのに、自分のブログでは全然やってなかったりする…

>Mizuha様
サイヤ星の王子が脳裏に浮かんだw
レイブン様が大変な事になってますが、彼女の事です。
Transferも無事ではすまないと…思いたい。
2011-03-02 Wed 22:14 | URL | アクノス所長 #LkZag.iM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アクノス研究所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。