FC2ブログ

アクノス研究所

「広がれ魔物娘の輪!」に参加中! 広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!
ふたば悪堕ちスレファンサイト 女性が悪堕ち、人外化するのが大好きな人のブログ。18禁

フェンリルさんにヤられちゃおう!

ゼノブレイドもようやくクリアし、作業に集中できる環境になりました!
(楽しみにしていた皆様ごめんなさい。でもゼノブレイドが面白すぎるのが悪いんだ!)

前回、フェンリルさんのお話が好評だったので連れ去られた女性視点を作ってみました。
当初は彼女を選んだおっきなワンコとの獣姦でもしようと思ったのですが…

犬「俺、童貞捨てるなら相手も普通の犬がいいワン!」

と、言われた気がしたので今回はこんな話になりましたとさ…

前回のお話はこちら


それでは、お話のはじまりはじまりー




今回の被害者 虹浦 純さん

「私をどうするつもりなのですか?」

私は恐る恐る黒い獣人の女性に聞いてみた。

一時はハスキー犬とか良く見かけたのになぁ…

「そう怖がんなよ。別に取って食うわけじゃない。
 ただ、コイツの飼い主になって欲しい。それだけだ」

彼女はそう言いながら、連れている狼のような犬の頭を軽く撫でた。
web拍手
別窓 | アクノス:商品紹介 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

一日1000匹以上の計算

最近、仕事が終わると眠くて仕方ない所長です。

そして今回もエロが…

悪堕ちと関係ないエロ画像ならいっぱいあるのですが…

…とにかく、今回は、今後登場するかもしれない怪人さんのお話です。


web拍手
別窓 | アクノス:商品紹介 | コメント:9 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

当社の商品紹介でございます 【虎娘】

浅谷くん

はい、どうも、浅谷です。
正月休みの最中にご紹介する商品はこちら。

牛さんと虎さん

今年の干支『虎娘』と去年の干支『巨乳女』です。
後者の説明は面倒なのでしないという事で。

ステータスはこちら。

パワー:S スピード:A 攻撃射程:E
持久力:C 成長性:C  抱き心地:A

『虎娘』は獰猛なアムール虎に魔因子を投与して作り出した怪人でございます。
ですので…
web拍手
別窓 | アクノス:商品紹介 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

当社の商品案内でございます 【シェイプシフター】と【ドッペルゲンガー】

浅谷くん

はい、どうも、浅谷です。
今回の商品はこちら。

すごいイロモノ感

『シェイプシフターとドッペルゲンガー』で、ございます。
能力の大まかなランク付けは以下のとおりです。


パワー:D スピード:C 攻撃射程:E
持久力:C 成長性:D  抱き心地:E


はい?

全然強そうに見えない…ですか?

たしかに、この姿での戦闘力は戦闘員と大して変わりません。
むしろ弱いくらいです。

ええ、この姿では…



まずは『シェイプシフター』についてご説明致しましょう。

シュールすぎる・・・

彼女は己の質量に近ければ、触れた物に姿を変えられる能力を持っております。
例えばテーブルや椅子、テレビなどの日用品からバイク、車などにも変身し、
さらにその能力を使用する事ができます。

※小石や砂のような、あまりに小さな物には変身できません。
  また、タンカーや巨大ロボに変身も可能ですが、中身が空洞のハリボテになります。脆いです。

潜入や暗殺、監視や窃盗、誘拐など、
その存在を相手に気付かれないように遂行する事が、主な使用方法です。

※例えば要人の乗るリムジンに変身、そのまま拉致or暗殺などが可能。

データインストール!!

次に『ドッペルゲンガー』についてです。
前述の『シェイプシフター』と違い、変身出来るのは【生物限定】ですが、
触れた対象の姿だけでなく、身体能力の他、体臭、癖、
さらには記憶までもコピーする事ができます。

これにより、要人とすり替わって行動をする事で内通者として使用できる他、
拉致した人物を洗脳、改造している間の代役にしたりと、非常に重宝する存在です。

私がアイツでアイツが私で

また、ヒーローと相対した時などに使用するという方法もあります。
お互いが疑心暗鬼になり、味方同士で殺し合う…なんて事もできるでしょうね。

※ドッペルゲンガーの方は誰が味方か判断できますので、同士討ちはありません。
 安心して変身させてあげましょう。

以下はちょっとしたお話です。


web拍手
別窓 | アクノス:商品紹介 | コメント:14 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

『蜘蛛女・アラクネ』の保管でございます

「ヒッ!!何をするつもりなの!?」

突然さらわれ訳も分からないうちに、
今度は首筋に注射器の先端を当たられた少女の顔は恐怖一色に染まっていた。

「グレムリン2って映画知ってるッスか?
あの映画で悪いグレムリン達が色んな薬品を飲んだりして
様々な姿に変身して悪さをするんスけど、
その中の一匹が蜘蛛のマークが描かれたフラスコの液体を飲んでるんスよ」

そんな少女の事などお構いなしに、女研究員は語りだす。

「この薬はソレと同じモノだと思ってくれて結構ッスよ?」

ぷすっ!

「痛っ、いやあぁー!!」

せめて打つッスよとか言ってよ!

「いったい、何を…」

ドックン

「あ…うぅ…!?」

ドックン

「身体が…あ、あつい!!」

メリメリメリ

「えっ…?」

少女は下半身に違和感を感じ視線をやると…

「キャアアアアア!!!!」

お尻バーン!!

「うるさいッスね!何でそんなに驚くッスか?」

驚かない方がおかしい。
少女の下半身は見る見るうちに黒い毛で覆われ、
人のモノではない黒く長い足が次々に生えてゆく。

「なにこれ、なんなの!?何で私の足がこんな不気味な…」

と、言いかけた所で少女は言葉を呑んだ。
変化してゆく自分の下半身が何故かとても美しく思えたからだ。

メリ、メリメリメリ

「あ、ああ、ああああああああ!!!!!!!」

六本の足が生え揃った時、少女は歓喜の悲鳴をあげた。

web拍手
別窓 | アクノス:商品紹介 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| アクノス研究所 | NEXT